今年の米のアメフトNFLのスーパーボールのハーフタイムショーは、ラテン音楽づくしでした。そのラテンのショーが今ホットな話題に。ジェニファー・ロペス、シャキーラ、J BALVIN、BAD BUNNY、そしてコロンビアのサルサチームという豪華なメンバーでした。

プエルトリコ系米人のジェニファー・ロペス、プエルトリコ人のBAD BUNNY、コロンビア人のシャキーラとJ BALVINとサルサのチーム。

NFLのハーフタイムショーは毎年超豪華なスターが出演して世界の話題になります。今年はラテン旋風。

「デスパシート」をはじめ、ここ何年かラテンが米や世界の音楽ヒットチャートのトップランキングを占める状態なのを反映した感じもします。

 

 

そのハーフタイムショー全編の動画がこちら。

14分半です。

 

 

多くの人がすごーいと驚いたようですが、セクシーで華やかなショーですごくラテンぽいなと思います。

 

ジェニファー・ロペスとシャキーラが出演することは前から発表されてましたが、J BALVINとBAD BUNNYが出てきたのにはびっくり。シャキーラとジェニファー・ロペスは今もヒット曲ありますが、世界のヒットチャートでの旬の歌手ではないんですよね。J BALVINとBAD BUNNYこそがいまラテン界や世界の音楽界で大流行の旬な歌手です。彼らがでてきたら観客が盛り上がったのわかりますか。

 

日本ではまだジェニファー・ロペスとかシャキーラっているんだ、昔いたよね、みたいに驚いてる人いますが、バリバリ現役ですよ。どっちも曲出し続けてます。他の歌手ともコラボしたりしてるし。

シャキーラは数年前に「Bicicleta」でラテンの音楽賞のレコード大賞とりました。↓

 

 

 

 

出演者紹介

 

ジェニファー・ロペス

 

ジェニファー・ロペスはプエルトリコ系移民の子供で米生まれ米育ち。プエルトリコはキューバの隣のカリブの国でしたが昔に米領になりました。ジェニファーはシンガーでもあり女優でもあるのでハリウッド映画にも出てます。元夫はサルサの超有名歌手マーク・アンソニー。私の専門ではマークの方がトップスターです。今はマークとの間に生まれた子がいて、プエルトリコ人の元大リーガーと交際してます。J.LOとも書かれるので、下記でもJ.LOと書きます。

 

 

 

 

 

シャキーラ (Shakira)

 

シャキーラはコロンビアの沿岸部のバランキージャ出身。彼女は祖母がレバノン人でアラブのダンスを祖母から習ったため、ベリーダンスができるそうです。アラブテイストの曲ありますよね。またバランキージャはコロンビアでカリ市に次ぐダンスや音楽が盛んな都市で南米三大カーニバルもあります。コロンビアではカーニバルで有名な都市で、ブラジルのリオみたいな感じ。コロンビアでシャキーラは13歳でプロデビューしています。今回のショーでシャキーラはバランキージャ等のコロンビアの沿岸部のダンスを披露してるんですよ。スペイン人のサッカー選手ピケの奥さんでもあります。

 

 

 

 

 

J BALVIN

 

J BALVINはコロンビアのメデジン市出身のレゲトン歌手。ロマンチック系のレゲトンで大ブレイクして、コロンビアのレゲトンを世界に流行らせました。ちなみにMalumaもメデジン出身のレゲトン歌手です。J BALVINは「Mi Gente」とか「Ay Vamos」「Safari」とか多数の曲が世界のヒットチャートに入ってます。日本にも来てサマソニに出演しました。

 

「MI GENTE」J BALVIN ft. Willy William

 

 

BAD BUNNY

 

BAD BUNNYはプエルトリコ人の若手のレゲトンとラテントラップの歌手。OZUNAやMalumaと並んで若手のレゲトン歌手で世界のヒットチャートのトップを走ってます。Bad Bunnyの曲にあのドレイクがfeaturingで参加してドレイクがスペイン語で歌った「MIA」もありますし。Becky Gとの「Mayores」、Cardi BやJ BALVINと歌った「I like it」などいろいろ。

 

「MIA」BAD BUNNY ft. DRAKE

 

 

 

 

ハーフタイムショーで歌った曲リスト

 

さてハーフタイムショーは14分半の間に17曲強あり盛りだくさんすぎじゃないかと思います。散漫な感じがしたので、アメリカンポップスやロックをやめて、ラテンの歌だけにしぼればよかったと思います。

 

さて歌った曲のリストです。

ラテンの曲は解説もするんで、解説があるのだけがラテンの曲です。

 

 

① 「She Wolf」 Shakira

 

 

「Empire」Shakira

③ 「Kashmir」(Led Zeppelin) shakira

「Whenever, Wherever」Shakira

この曲もラテンのクラブでかかってた曲です。六本木の店とかは今もかかるかも。

スペイン語

 

 

 

 

「I Like It」Shakira , J Balvin

これはシャキーラの曲じゃなくて、オリジナルはCARDI Bの歌です。去年の曲。

 

「I like it 」 Cardi B, J Balvin, Bad Bunny

 

Cardi B はカリブの国トリニダード・トバゴとドミニカ共和国の血の米人ラッパー。これは昔のラテンの曲「I like it that」をベースにしたラテントラップの曲です。ラテントラップとはスペイン語のヒップホップ。今回のスーパーボールのショーに出演したJ BalvinとBad Bunnyがこの曲歌ってますが、ショーではシャキーラとJ Balvinでした。

この曲の解説は過去にしたのでこの記事を見て下さい。

 

 

 

「Chantaje」Shakira

 

 

2016年にリリースされた同じコロンビア出身のレゲトンの世界的人気の若手歌手Malumaと歌ったレゲトンの曲。この曲の解説と歌詞和訳は以前このブログでしたので、下記のリンク見て下さい。

 

 

「Hip's Don't Lie」Shakira

 

 

この曲はラテンのクラブの定番ですね。古い曲ですがいまでもかかるとめっちゃ盛り上がります。ラテンポップに英語のラップが入ってます。個人的にこの曲がショーでかかったときは気分があがりました。

シャキーラはコロンビアのバランキージャ出身なんで「バランキージャではこんな風に踊るのよ」と歌ったら、ベリーダンスを始めて腰をふります。それは前述のように彼女のアラブの血から。そしてビデオに出てくる仮装した人達はバランキージャのカーニバルの衣装です。曲の解説と歌詞については以前このブログでしたのでリンク見て下さい。

 

しかも今回のショーでは「Barranquilla Me Quedo」と歌ってます。これはコロンビアが誇るサルサの大御所JOE ARROYOの曲のタイトルです。彼女は自分の出身で今は亡きレジェンドにオマージュを贈ったんですね。

 

⑧「Jenny From the Block」ジェニファー・ロペス(以下 J.LO)

⑨「Ain't It Funny」J.LO

⑩「Get Right」J.LO

⑪「Waiting For Tonight」J.LO

 

 

⑫「Booty」 ジェニファー・ロペスとJ BALVIN

 

 

「BOOTY」はオリジナルはIggy Azaleaがfeaturingしてますが、ショーではJ BALVINが歌いました。

BOOTYは大きくてセクシーなヒップのことですが、ジェニファー・ロペスは大きいヒップがトレードマークです。ラテンでは美人はヒップが大きい女性です。ラテンで一番整形が多いのがヒップで、ヒップを大きくする手術なんです。顔だけなら彼女より美人はいるのにジェニファーがあんなにセクシー美人ともてはやされてきたのはヒップのためかと思います。彼女が後ろを向いたポーズとりたがり、ヒップや太ももを強調する衣装を着るのは自分の美人のシンボルのアピールをするためですね。ラテンの女性や芸能人やモデルはヒップを見せてふりかえって顔を見せるポーズをよくとります。

 

 

 

⑬「Mi Gente」ジェニファー・ロペスとJ BALVIN

この曲はレゲトンのJ BALVINの持ち歌ですが、ショーではジェニファーと歌ってます。オリジナルはJ BALVINとWilly William、そしてこのバージョンはEDMのスティーブ青木がREMIXしてます。このEDMのREMIX バージョンを今回のショーでは歌ってますね。2017年リリース。

 

J Balvin & Willy William - Mi Gente (Steve Aoki Remix)

 

 

 

⑭「On the Floor」ジェニファー・ロペス 

この曲はショーではジェニファーだけで歌ってますが、オリジナルはピットブルがラップでコラボしてます。これは英語で歌ってますが、ラテンのダンスミュージックでラテンのクラブでも時々かかりましたね。

 

「On The Floor」Jennifer Lopez ft. Pitbull

 

Pitbullは、ラテン番長とかエロ番長と日本でも言われていて人気があり、来日コンサート2回してます。これはジェニファーや今回のショーに関係ないけどピットブルの曲。ビデオも歌もエロいです。彼は英語のヒップホップも歌うしスペイン語のレゲトンも歌います。あ、このビデオの女性のこのヒップをこっちに見せてるこのポーズが前述のラテンの女性がよくやるポーズです。ヒップが大きいのが美人なんで、ヒップをみせつけるポーズ。

 

 

 

 

⑮~⑰

※この15番目の曲からフィナーレまではずっと続いてます(16曲目と17曲目も)。ビデオでスーパーボールのフィナーレまでのショーの様子をまず見せますね。

 

 

⑮「Let's Get Loud」ジェニファー・ロペスと子供達の合唱団

最初に「Let's Get Loud」での子供達の合唱団でソロを歌ってる女の子はなんとジェニファー・ロペスの実の娘です。つまりサルサのマーク・アンソニーとの子。

この「Let's Get Loud」はラテンの曲で、グロリア・エステファンが作った曲。ジェニファーが歌っています。

次のビデオはジェニファー・ロペスが別のコンサートで歌ったものです。オリジナルをきけばかなりラテンぽいのがわかるはずです。

 

 

 

その曲に途中で

⑯「Born in the USA」が入ってます。

「Born in the USA」なんだけど、ジェニファーが背負ってる国旗はなんとプエルトリコの国旗。

実はプエルトリコはキューバとドミニカ共和国の間にあるカリブの島国でしたが、19世紀末に米領土にされました。その後ずっと米の自治領となりプエルトリコ人は米市民です。プエルトリコ人はパスポートは米ので、プエルトリコの入国審査には米のビザESTAが必要です。なのに米はプエルトリコがピンチの時には見捨てる。最近では数年前の巨大ハリケーンの時に米トランプに見捨てられました。

ジェニファーはアメリカ生まれだけど自分のプエルトリコ人の血を以前よりかなり強く感じてるようです。プエルトリコが被災した時は元夫のマーク・アンソニーやリッキー・マーティンとともに寄付集めなどしてましたし。

自分は米生まれで米育ちだ、米に生まれたけどプエルトリカンなんだ、っていうのを国旗で誇示したようですごいなと思いました。

 

 

 

⑯「Waka Waka」シャキーラ、ジェニファー・ロペス

「Waka Waka」はサッカーのワールドカップの南ア大会のテーマ曲でシャキーラが歌ってヒットした曲。

シャキーラはサッカーのW杯のブラジル大会の時もテーマ曲をピットブルと歌ってたので、なんと2回も。すごいですね。アフリカの大会なのにコロンビア人ってとこが。

「Waka Waka」Shakira

 

スーパーボールのショーではこの曲の間奏の部分でシャキーラがおもしろいダンスをしてますが、これはコロンビアの伝統ダンスです。シャキーラの出身のコロンビアの沿岸部のですね。

 

 

 

⑰コロンビアのカリのサルサダンサー

で、最後にジェニファーのまわりにばーっとダンサーが出て来てアクロバティックなダンスをフィナーレで踊ってます。このダンサー達はコロンビアのカリ市の有名なチームの人達です。

カリのサルサはすんごい高速で、しかも彼らが踊ってるのはアクロバティックなサルサです。人を飛ばしたりするやつ。

けど今回はジェニファー・ロペスと踊ってるので彼女に合わせて多少遅くしてあげてます。ジェニファーはそこまでサルサうまくないので。

 

そのサルサチームはジェニファー・ロペスの米のTV番組に今まで2回でています。2回目の番組は「World of Dance」です。その動画はこれ

 

 

 

で、その後はジェニファー・ロペスの全米ツアーと一緒にまわって踊ってました。このビデオの2分45秒くらいからサルサでてきます。

 

 

コロンビアのカリ市のサルサチームがフィナーレを一緒に飾ったのは驚き。アクロバティックでほんとにショーとして超かっこいいので、もっとこの部分を長くした方がいいと思いました。

すごい華麗なフィナーレでしたね。

 

 

 

コロンビア大喜び

 

今回のショーに出たシャキーラ、J BALVIN、サルサチームはコロンビア人。コロンビアの各大メディアで大きく報道されて、コロンビアがスーパーボールで旋風とか、コロンビア人が輝いたと賞賛されました。

アメリカ大陸にあるのでアメリカのTV番組もサテライトTVで見てるし、コロンビアにとってもスーパーボールのハーフタイムショーはすごい大舞台です。

 

コロンビアのドゥケ大統領も大喜びでツイートして祝福してました。

 

 

あのサルサのチームは私が住んでいたコロンビアのカリ市ので、そこのショーにカリで行った事があります。彼らが日本に来た時のイベントでは私はDJしましたよ。

 

 

 

まとめ

 

世界的にここ何年かラテン音楽の大流行していて「デスパシート」は全米ビルボードで史上最高の連続第一位、youtubeのビュー数で歴代1位。ダディ・ヤンキーやOZUNAなどのレゲトンは世界のヒットチャートのトップランキングに入り、youtube閲覧数(音楽)の年間トップ10はほとんどラテンが独占。音楽ストリーミングサービスの年間トップ10もそうです。マドンナもレゲトンにオファーしてコラボしたし。

そのラテンの世界的な流行がスーパーボールのショーにも反映されてよかったです。

ラテンアメリカとしては米大陸のボスとして厄介でヒスパニックの移民を差別してきた米で、スペイン語のラテン音楽がこんなに大ヒットするなんて。そしてジェニファーがプエルトリコ国旗をBORN IN THE USA(アメリカに生まれて)を歌いながら掲げたところは胸がすく思いでした。

 

残念なのは短いショーだったのに、なぜ20曲近くも入れ込んでしまったのかということです。短すぎて散漫な感じがしました。私が今回解説したラテン音楽やラテン系だけをやって、あとはカットした方がよかったんじゃないかと思います。そして最後のサルサのシーンを増やしてほしかったです。

 

あと昨日日本語の反応を見ていたら、日本人の人達はほとんど「ジェニファー・ロペスは50歳で、シャキーラが43歳。子持ちの中年なのにあの体型を維持してるし、キレッキレのダンス踊れるのはすごい」という内容でした。

女性の年齢ばかりに言及し、子持ちの中年だけどきれいな美魔女扱いするのが日本ぽいなと 笑。

米やラテンアメリカの反応では彼女達の年齢については述べてなかったですよ。ショーが素晴らしいとほめたたえる内容でした。

ラテンで「中年女のくせにセクシー」とか言ったら殴られるので注意しましょう。

スペイン語で中年の女性のことをMADURAともいいますが、MADURAは成熟した女性という意味です。成熟した女性、いいじゃないですか。

日本では熟女というとAVぽいが。日本は中年になったらもっとおばさんぽい格好にしろとかいうのが強すぎると思います。日本で中高年でロングヘアの人少ないけどラテンは中年まではロングヘアです。私が南米にいた時も60代のおばさんから「その服どこで買ったの?」「そのネイルいいね。ネイルサロンどこに行ってる?」とかきかれてその人も私が言う店に行ってましたよ。おしゃれ好きはかわらない。イタリアも中年が一番おしゃれですよね。日本は中年なら髪短い方がいいとか、マニュキアや口紅もおばさんぽく目立たない色にしろとかいちいちうるさいですね。で、J.LOみたいな人には「おばさんのくせにあの美貌」とか言っちゃう。orz

 

 

ま、でも正直いまラテンのヒットチャートで旬なのはレゲトンやラテントラップなんで、今もスターでヒット曲だしてるけどすごい流行ったのは一昔前のJ.LOやシャキーラをスーパーボールになぜ出すんだろうとは発表の時に思いました。今はラテン界も新しい世代が流行ってるのに。けどやっぱ迫力や華がありますね。いま旬のレゲトンやラテントラップのJ BALVINやBAD BUNNYが出たのもよかったし。最後はばりばりラテンでサルサでフィナーレ飾ったのがかっこよかったです。

 

 

おすすめの記事