コロンビアはまたまた、幸福感が高い国のトップに選ばれました。

http://colombiareports.com/colombia-ranked-happiest-country-world-survey/

アンケートで85%が自分は幸福だと答えたそう。

この手のアンケート調査ではたいてい、中南米の国がランキング上位に並んでいる。

この結果をみて、ネットである日本人たちが、コロンビアは麻薬カルテルとゲリラの危険国だから幸福の基準が低いんだろうと書いてました。

前もこのブログで私がそれについて書いたんだけど、コロンビアが麻薬カルテルの超危険国だったのは90年代初頭までです。いまは中南米の経済大国になって、日本企業も支店をだしてるし、海外からの投資や欧米などからの観光客も増えてます。
(ただし、カリ市は殺人率は世界で上位に入ってる)

私はコロンビアにトータルで1年以上いるんだけど、あんまりコロンビア人が幸せそうに見えないんですが。。。

どっちかというと中南米人の中でもそんなに明るくないし、明るいときと暗い時の差が大きい人が多い、愚痴る人も多い。

コロンビア人の愚痴は、日本と同じようなのが大半だけどね。
仕事でつかれたとか、育児疲れとか、税金が高すぎるとか、教育費がかかりすぎて大変とか。 あとは政府に対しての不満。

コロンビアも含めて中南米全体で私がよく言われるのは、
「あなたは先進国から来たからいいわねとか、日本はリッチで技術大国だから国民はみんなハッピーなんだろう」とか、
「日本みたいにうちの国もリッチになれば、みんながハッピーになれるのに」、とか。
日本がリッチだから幸せなんだろうというのは本当によく言われるけど、考え込んでしまう。

日本人みんながリッチなわけじゃなくて貧富の差はあるし、このごろは生活が苦しいと感じる人が増えてると報道されてますよね。
もしリッチな経済大国としても、日本人の幸福感は、世界ランキングではいつも最下位のほう。
あなたは幸せですか、自分の人生は幸せですか? と聞かれて、即座に 「はい 幸せです !」と答えられる日本人はどのくらいいるでしょうね。
日本に帰ると、毎日 電車が人身事故でとまってる。
中南米では電車で自殺とかきいたことがないし、自殺率が世界でも最低。

中南米人は貧しいから、その日のご飯が食べれれば幸せとか、幸せの基準が低いんだろうと思う人もいるでしょう。
確かに貧困層は結構いるんだけど、貧富の差が異様に激しいんですよ。
メキシコの金持ちはビルゲイツより金持ち。
中南米は第三国で、家電も車もないと思ってる人もいるけど、そんなことないです。 パソコンもスマホも普及してますよ。

でもなんでコロンビア人、そんなにハッピーなんだろう?
愛する家族がいるから幸せとか、そばに友人や恋人がいてくれるから幸せとか、そういう感じなのかな。
幸せそうに見えないので不思議。

なんでそんなに幸福感が高いのか すんごい興味あるので、きいてみようと思う。

おすすめの記事