今年のラテングラミー賞の受賞曲が発表されました。

授賞式は、アメリカのラスベガスで日本時間の今日。

では受賞曲を紹介します。

まずは ラテングラミー賞で一番重要な賞

⚫️ 最優秀レコード賞 (レコード・オブ・ザ・イヤー)

「bicicleta 」 Calros Vives y Shakira

コロンビアの歌手2人 カルロス・ヴィヴェスとシャキーラが歌った曲が大賞です!

この曲については、このブログの過去記事の 「コロンビアのビーチが楽しめるシャキーラの曲」   で詳細書きました。

⚫️ 最優秀アルバム賞

「Los Duo 2 」Juan Gabriel

こういう曲が入ってる

メキシコ人で、ラテン音楽界の大御所。今年8月に亡くなったときはラテンアメリカなどでニュースとなりやラテン音楽のアーティスト達がたくさん追悼してました。

⚫️ 最優秀シングル賞(楽曲賞)

「bicicleta」 Carlos Vives  y Shakira

なんと、「bicicleta」が一番大事な賞のうち2賞を受賞しました。
すごいですね〜。

Juan Gabrlel は数ヶ月前に亡くなったので、なんらかの賞は受賞するかと思ってましたが。

コロンビアのバジェナートがオリジナルの曲がこんな大きな賞をとるとは。。。

授賞式には、calros vivesだけが来て歌ってスピーチしてました。

⚫️ 最優秀新人賞

Manuel Medrano

manuel medrano はコロンビア人です。

こういう曲歌ってる人

ここまでが4つの大きな賞ですが、4つのうち3つの賞をコロンビア人が獲得。

その他の賞は…

⚫️最優秀サルサ アルバム賞

La India(インディア)  「intensamente India (con canciones de juan gabriel)」

この受賞したアルバムの中の1曲は

「Dimelo」 India

最優秀アルバム賞を受賞したと上に書いた juan gabriel の曲をサルサで歌ったアルバムらしい。

インディアはサルサのディーバといわれてる人ですね ♪

このサルサ部門でノミネートされて敗退したのは他に4アルバム

「35 Aniversario」  Grupo Niche
「¿Dónde Están?」  José Lugo & Guasábara Combo
「Mi Ritmo Es Bueno」  Bobby Valentín
「Tronco Viejo」  Johnny Ventura 

⚫️ 最優秀フュージョン・アーバン・パフォーマンス賞

Yandel  「Encantadora」

yandel は、レゲトンのWisin y Yandel の片割れです。プエルトリコ人。
このごろはソロでよく歌ってます。
wisin は元気がよくラップする人ですが、yandel はソフトな声なのでこういうロマンチック系レゲトンにあいます。
ロマンチック系レゲトンが流行ってることもあるからか(J Balvinやmalumaなど)、yandel の曲もヒットチャートにかなり入ってました。

⚫️ 最優秀アーバン・ソング賞

Yandelの「Encantadora」

この賞も上と同じyandel の曲が受賞しました。
2曲も受賞なんて!

⚫️ 最優秀トロピカル・フュージョン・アルバム賞

Gente de Zona 「Visualizate」

ラテンで今流行っている、キューバのレゲトングループ Gente de Zona が受賞。
Gente de Zona は、エンリケ・イグレシアスとの「bailando」もヒットしましたよね。

このアルバムで流行った曲はマーク・アンソニーと一緒に歌ったこの曲

「Traidora」 Gente de Zona ft. Marc Anthony

⚫️ 最優秀アーバン アルバム賞

J Balvin 「Energia」

このアルバムのシングルカットで現在大ヒットしてる曲が、 J Balvin とファレル・ウィリアムスの

「 Safari 」 J Balvin ft. Pharrell Williams, BIA, Sky

J Balvin はいま世界で大ヒットしてるコロンビアのレゲトン歌手です。
彼についてはこのブログで過去にいくつか記事書いてます
「いま流行ってるレゲトン歌手は」 など 読んでください)

⚫️ パーソン・オブ・ザ・イヤー 2016 

Marc Anthony (マーク・アンソニー)

元夫婦だったジェニファー・ロペスと授賞式でデュエットし、歌のあとに二人がそれぞれスピーチしたら観客たちが
「beso! beso! beso! 」(キス、キス、キス) とはやしたて、二人がキスしました!

ちなみに、マークもジェニファーもプエルトリコ系アメリカ人です。
結婚して子供もいたし、二人で「エルカンタンテ」という映画をつくって共演しましたが、離婚しました。
マークが浮気してるのではないかというジェニファーのすごい嫉妬が原因といわれています。
その2人がこうやってまた一緒にデュエットしてキスしたのでみんなびっくり。

ここまでしか書きませんが、他にもいろいろ部門がありますので知りたい方はラテングラミーのオフィシャルサイトをご覧ください。
ブラジル音楽部門とかメキシコ音楽部門などいろいろあります。

ラテングラミー賞は毎年アメリカで開催されています。
なぜラテン音楽なのに北米のアメリカでやるかというと、あのグラミー賞がつくったからです。
(アメリカはヒスパニック人口が多いかららしい…)

中南米のラテン音楽の流行を知ってると、「なぜあの曲じゃなくてこんな曲が選ばれるのか」と思う方もいるでしょうね。
アメリカがおこなってる賞なので、アメリカで流行ったラテン音楽が選ばれやすいのかもしれません。
アメリカに住んでるアーティスト、アメリカでよく活動してる(よくコンサートなどしてる)アーティスト、ビルボードランキングなどに入るアーティストが入りやすいかもしれませんね。

それにしても、今回はコロンビア人の入賞が多いですね。他にもバジェナート・クンビア部門やクラシック部門やフォルクローレ部門など受賞し、コロンビアでは喜びのニュースが報道されてました。

おすすめの記事