昨日(2月2日)はシャキーラの誕生日。
シャキーラも40歳になりました。

シャキーラが40代? って驚く人もいるでしょうが、1977年生まれです。

シャキーラは本名で、Shakira Isabel Mebarak Ripollという名前です。

お父さんがアラブのレバノン系米人。
なのでshakiraはアラブ語からつけたみたい。
だからエキゾチックな名前なんですね。

お母さんはコロンビア人で、シャキーラはコロンビアの沿岸部のバランキージャ(barranquilla)で生まれました。
子供時代はバランキージャでシャキーラは過ごしました。

これがシャキーラが12歳だったころにバランキージャで歌って踊ってるビデオです。
シャキーラは歌を歌ってアラブのダンスを踊ってます。

このビデオを見てるとシャキーラの今の片鱗を見ることができますね。
歌い方とか、アラブのくねくねしたダンスとか。

お父さんがアラブ人(レバノン人)なので、父方のおばあさんがシャキーラにアラブのダンスを教えたそうです。
だからシャキーラはいまでもアラブのベリーダンスみたいのをとりいれたダンスをしてるんですね。

コロンビアのバランキージャはカーニバルで有名なところで音楽とダンスが非常に盛んです。
シャキーラもダンスうまいけど、バランキージャにはまだまだダンスの達人がいます。
バランキージャについては後日また記事書きますね。

シャキーラは翌年13歳のときに歌手としてデビューします。

次はシャキーラが16歳のときのビデオ(なかほどからシャキーラのインタビュー)

シャキーラが爆発的に世界にヒットして日本ではいまでもラテンのクラブでかかる曲は

「Hips Don’t Lie」

このビデオの映像と彼女のダンスは、自分の血のアラブと出身地のバランキージャがうまくミックスされたものだと思います。
→ この曲についての解説と歌詞の和訳は以前に書いた記事  「shakiraのhips don’t lieとバランキージャ」 をみてください

シャキーラは2012年につきあってたスペイン人のサッカー選手(現マドリードの選手)のジェラール・ピケの子供をさずかります。

この年に私はコロンビアにいたんだけど、コロンビアでテレビを見てたらこのニュースが流れました。
そしたら知り合いのおばさんが(コロンビア人)、「でもシャキーラはこの男の子よりひとまわり年上なのに。。。」って驚いてました。

シャキーラはピケよりも10歳年上。
ピケとシャキーラは同じ誕生日なのでシャキーラが40になり、ピケは30歳になりました。

コロンビアは大卒じゃなければ早く子供を産んじゃう人が多いので、30歳後半で孫がいる人は結構いるんですよ。
だから、シャキーラが35歳で25歳の男の子と同棲して子供を持ったのはコロンビア人のおばさんにとっては驚きだったようです。

日本ではラテン界はもちろん大人気だし、一般にもシャキーラは知られてます。
ワールドカップサッカーのブラジル大会のテーマソング(waka waka)をピットブルと歌ってたといえば、かなりの人が知ってると思います。

シャキーラのいま大ヒット中の曲、malumaと一緒に歌った「chantaje」については歌詞の和訳とともに以前ブログで書きました。 
→  「 『chantaje』 shakira ft. malumaの歌詞和訳」 をみてください

昨日この曲のサルサバージョンがでました。
個人的には、オリジナルのほうが断然いいと思います。
とりあえずサルサバージョンをつくってみましたという感じで、このサルサバージョンは歌詞にあんまあってない。

けどまあ、サルサバーやサルサイベントはサルサバージョンのほうがかけやすいですよね。

このサルサバージョンのビデオはオフィシャルのものです。
サルサバージョンにのためのピアニストも参加したと昨日シャキーラが書いてました。

ビデオではオリジナルバージョンよりもmalumaとペアダンス踊るシーンが長いです。シャキーラをターンさせるシーンもあり。

サルサバージョンのビデオを紹介します。

「chantaje」(salsa version) shakira ft. maluma

ダンスにキレがありますよね〜

おすすめの記事