このごろ私が一番気に入っててよくきいてるのが、この曲

歌ってるのは人気のレゲトン歌手ばかりです。
プエルトリコ系の人たち。

De La Ghetto
Ozuna
Arcangel
Anuel AA

Arcangelはドミニカとプエルトリコハーフ、De La Ghettoはアメリカ生まれのプエルトリコ系で、二人ともベテランの有名レゲトンシンガー。
Ozunaも人気の若手プエルトリコ系レゲトンシンガーです。
ArcangelとDe La Ghertoはライブに行ったことがあるけど、うまかったです。

「 La Ocasion」 De La Ghetto, Arcangel, Ozuna, Arcangel

レゲトンの歌手たちが歌ってるけど、リズムとかがレゲトンとはぜんぜん違うのわかったかな???

私、最近レゲトンよりもプライベートでよくきいてるのはこういう曲なんです。

スペイン語のヒップホップかと思ってて、記事によってはこの曲をスペイン語ヒップホップとかレゲトンとかジャンル分けがバラバラ。
自分もスペイン語ヒップホップだと思ってました。

あれ、レゲトンってヒップホップのスペイン語版じゃないの? って思った人多いと思うんですが、レゲトンはヒップホップのスペイン語版ではないんですよ。
レゲトンのもととなったものにはスペイン語のヒップホップもありますが、ダンスホールレゲエなどのレゲエやプエルトリコの伝統音楽やラテン音楽などの影響を受けて作り上げられたものなので。

と思ったけど、これはスペイン語のヒップホップじゃなくて、トラップミュージックというらしい。

このごろ流行ってるトラップミュージックというジャンルがあって、ヒップホップがベースになっているんだけどスネアとかエレクトロのサウンドが入ってるものだそう。

EDMのファンの間でもトラップミュージックがこのごろ流行ってるらしい。

トラップミュージックの定義がいまいちよくつかめてない私。
詳しい人誰か教えて。

この曲はtrap latinoっていうジャンルらしい。

ってことは、私がこのごろはまってるジャンルは trap latinoでした。

おすすめの記事