今年の2月、バチャータ・キングのRomeo Santos (ロメオ・サントス)がひさしぶりに新曲をリリースしました。

ロマンチックなバチャータ、「Heroe Favorito」です。

「 Heroe Favorito」 Romeo Santos

ドミニカ系アメリカ人のRomeo。
Aventura時代から、ドロドロ系の不倫や略奪愛の歌が多かったRomeo Santosですが、今回の曲はロマンチックです。
そしてビデオはロマンチックでコミカルで映画のよう。

えー、ロメオじゃないみたい。
彼のイメージが変わるなー。

前は婚約者や彼氏がいる女性を略奪する曲やミュージックビデオはもっとドロドロしてたのに。
(「propuesta indecente」とか)

今回の曲のビデオの内容を説明すると

お金持ちの家の運転手の男(Romeoの役)はその家のお嬢さんが好き。
「あの男はスーパーヒーローになってお嬢さんをゲットすると言ってる、まったく望みなんてないのにクレージーだ」と同僚たちから笑いになっている。
お嬢さんを車に乗せて運転するときにバックミラーで顔を見てはイマジネーションをふくらませるだけ。
けれどお嬢さんにはもう親が決めた相手がいる。
でもあきらめきれないRomeo。
ある日、お嬢さんと彼氏がけんかして彼女は車から出て転倒し向こうからきた車にひかれそうになってしまう。
そこへRomeoがヒーローとして登場して彼女を救う。
最後はRomeoが彼女のハートを射止めた。
同僚たちがRomeoがスーパーヒーローだったことに気づいてびっくり

という内容。

今回のビデオではアメリカのコミックのMarvelとタイアップして、マーベル・コミックの有名なヒーローを登場させたそうです。
スーパーマンやスパイダーマンなどみなさんにもおなじみのヒーローにRomeoが扮してますね。
Romeoはずっとこうしたヒーローに憧れていて、ヒーローの役をやってみたかったそうです。
「それにヒーローはみんなが好きだろ」とロメオ。

このビデオのビハインドシーン(撮影風景)です。

かなり本格的ですね。
ロメオも体張って演技してます。
特殊撮影使ってるしお金かかってそうなビデオ。

Romeo Santosは今年のprimio lo nuestro (ラテン音楽のアワード)でも受賞し、授賞式ではこの曲を歌いました。

ラテンの女性たちはもちろんこのロマンチックな歌とロメオにうっとり。

私が南米でRomeoのコンサートに行った時に女性の熱狂的な歓声がすごかったです。
他の有名出演者がたくさんいたイベントだったのに、女性の目当てはロメオ。
romeoはほんとに女性ファンが多い。隣のだんなさんや彼氏を忘れてロメオにキャーキャー言ってたし。

ロメオがこんな歌歌ったら「私を奪いにきて」って本気で思う女性が多そう 笑。

この曲はバレンタインの直前にリリースされたので、バレンタインにぴったりだねっていわれてました。
(日本と違ってカップルのラブの日です)

さてこの曲の歌詞の和訳です。

原語のスペイン語 → 日本語訳します。

タイトルの「Heroe Favorito」は英語にすると、Favorite hero です。
似てるねって思うでしょうが、スペイン語はラテン語の直系で、英語もラテン語の影響を受けてるので似た言葉が結構あるんです。
ただしスペイン語は普通後ろから修飾するので語順が逆になります。

歌詞は別のブログに移しました。
こちらをクリックしてください。
http://diafeliz.jugem.jp/?eid=16

歌詞もいいですね。
こんなこと言われたら、彼氏やフィアンセがいる人も心が揺れる???

おすすめの記事