蒸し暑い季節になってきました。

暑くなってくるとやっぱりラテンな曲が聴きたくなりますよね。

ハウスやテクノからラテンにきた私が、超おすすめのラテンハウスの曲を紹介します。

ラテンハウスは簡単にいうと、ラテンのサウンドが入ったハウスミュージック。

ラテン好きはもちろん、ハウスだから「ラテンよくわかんないない」、っていう人でも踊れるよ。
家でもかけて踊ってみてね。

たとえばこんな曲

まずemma houseから

⚫︎
「Welcome to Sambatown」  Tonga

この曲は結構クラブで流行ったからきいたことある人もいるかも。

タイトルからわかるようにブラジル系ですね。

⚫︎これもブラジル系。
なんとシャカタク。

「Brazilian Love Affair」Shakatak  (the steve mac mix)

ところでサルサなんだけど、
サルサ界の大スターMarc Anthony(マーク・アンソニー)はもともとハウスの歌手で、ハウスからラテンに移行したんですよ。

サルサ界のディーバ La Indiaもハウスとラテン両方を両方歌ってます(特に90年代)。

2人ともいまサルサ界を代表するスターなんですけどね。

⚫︎ La Indiaはいろいろハウスの曲歌ってますが、これがおすすめ

「Love & Happiness」 (Yemaya Y Ochun)  Masters At Work ft. India

これはタイトルやメロディでわかるように、キューバの音楽が入った曲です。
(Yemaya Y Ochun)

⚫︎上の曲のMasters At Workはニューヨーク在住のプエルトリコ系のグループでハウス界の大御所ですが、その一人がLouie Vega。

Louie Vega(ルイ・ヴェガ)は、サルサのレジェンド Hector Lavoeの甥なんです。
ハウスのDJでもありますが、彼はラテンの曲もリリースしてるし、ラテンハウスの曲をたくさんリリースしてます。

Hector Lavoeはプエルトリコ系NYの人のレジェンドでもあるので、プエルトリコ系のMasters At Workにとっては偉大な存在でしょう。

このMasters At Workがメンバーのルイ・ヴェガのおじさんのHector Lavoeのサルサの名曲「Mi Gente」を入れて作ったハウスの曲。
Indiaが歌ってます。

「 La India con Lavoe 」 India Feat. Master At Work

ほんとにサルサファンにとっても感慨深いですよね。

これが元歌

「Mi Gente 」 Hector Lavoe

⚫︎ちなみに上記のLa Indiaがサルサを歌ってる曲。

La Indiaはライブで聴いたことありますが、歌詞が女心を切々と歌った曲が多く、コンサートにきてた観客の女性達が涙ぐんできいてました。私も涙出たけど。
すばらしい歌手です。

そのLa Indiaと、ハウス歌手からラテンに転向してラテンの大スターになったマーク・アンソニーのデュエット曲。

「Vivir lo nuestro」 La India & Marc Anthony

⚫︎ masters at workのルイ・ヴェガのおじさんのHector Lavoe は伝説のサルサ歌手。70年代に一斉風靡して大ヒットを次々に生み出し名声を得たけど、ストレスからドラッグに溺れ1993年に亡くなりました。
彼の生涯は「El Cantante」(エルカンタンテ)という映画にもなりました(マーク・アンソニーとジェニファー・ロペスがHectorと妻役を演じた)

彼の代表曲

「El Cantante」 Hector Lavoe

この曲の歌詞がラティーノ達(中南米人)が心にしみるというんですが、歌詞を簡単に和訳すると

「 エル カンタンテ ( 歌手の中の歌手)」

俺は歌手の中の歌手と言われてる有名な歌手、自分の歌を聴きにたくさんの客がくる
お金を払ってきてくれた客のために、悲しんでる暇なぞなく歌わなきゃいけない
みんなが俺の名声をうらやましいとほめたたえるが
俺が心の中で泣いて苦しんでることなど誰もきいてくれはしない

ショーの時は輝いだ大スターだが
ステージを降りればただの人間さ
笑いも涙や恥もある人生を過ごしている
俺は心の痛みや心にある恥を忘れるために、みんなのために人生の歌を歌う

こういう歌を歌ってHector Lavoeはサルサ界のレジェンドとなったんだけど、その甥っ子がハウス界にいるという

おすすめの記事