サルサのorquesta tromborangaが来日するそうです。

Orquesta Tromborangaは、スペインを拠点にしてるサルサグループです。

オルケスタ 「トロンボランガ」っていう名前が示すように吹奏楽器がトロンボーンばかり。

コロンビアのカリにいたときにめっちゃ流行ってました。

カリで特に流行っててクラブでもラジオでもよくきく曲が、Agua Que Va Caer。

私がカリでDJやったとき、この曲かけました。

このビデオはカリであったライブの様子です。

Orquesta Tromboranga 「 Agua Que Va Caer 」 

盛り上がってるでしょ。
ビデオの冒頭でヴォーカルに緑の旗をかけた人がいますが、この緑の旗はカリのサッカーチームのです 笑。

チャカポコチャカポコ、カンカンカンカンって打楽器の音がかなりしてますが、これは大半が客が鳴らしてると思います。
ビデオよく見ると、カンパーナっていうカウベルみたいのたたいてる人たちいますよね、カリではクラブやライブに行くときにカンパーナなどを持参する人がけっこういます。

6分42秒くらいから客が踊ってるところが少しうつってますが、これがカリの一般の人たち(サルサのプロダンサーじゃない人たち)が踊る踊り方です

おすすめの記事