コロンビア人のレゲトン歌手、Malumaが新しいレゲトンの曲をリリースしました。

「MALA MIA」という曲です。

「MALA MIA」 MALUMA

曲は単調なレゲトンです。
音楽だけきいてたら、すぐ飽きるかなという感じ。

でもビデオみると、冒頭からいきなりホテルの一室に下着姿の女性達が20人ほど寝ていて、ベッドに寝ているたくさんの女性の下からMALUMAが顔を出して首に女性のパンティがかかっている。

つまりMALUMAが、自分のホテルの部屋で女性数十人を連れ込んで乱交した翌朝ということですよね。

この曲は、彼氏がいるとわかっていながら女性に手を出してエッチしその彼氏にお前の女とヤッたという歌です。

歌詞和訳もしました。
(原語はスペイン語で、それを日本語に翻訳)。
動画化したので見て下さい。

たぶん、この中の 君が飲みたいものをあげる、っていうのは、飲みたいものはドリンクじゃなくてエッチな意味だと思います。
そのために待ってるってことで。

彼氏がそばにいなかったから、もう入ったというのは、割り込んだ と訳しといたけど、この「入る」も「入った」→「入れた」というエッチな意味の可能性があると思います。

さて、この「MALA MIA」のビデオがリリースされる前から、スペイン語圏の中南米ではすでにニュースになっていたので私は知ってました。

MALUMAの新曲の歌詞とビデオがまたわいせつな内容なので大議論にといういうニュースでした。

これはMalumaの出身であるコロンビアのニュース。

https://www.elpais.com.co/entretenimiento/musica/mala-mia-maluma-vuelve-a-despertar-polemica-por-el-mas-candente-de-sus-videos.html

malumaファンたちは、malumaかっこいいー、この曲もすてきー、ビデオもすてきー  とほめています。

日本ではいまMalumaのファンが多い。
彼はイケメンということで女性ファンが多い。
日本人の多くはスペイン語の歌詞がわからないし、日本は女性の性的な写真や画像にあふれてセクハラが多いといわれてる国なのであんまり性的な事に抵抗がないからか、Malumaも新曲も日本では絶賛されています。

MALUMAって”ラテンのチョイ悪プリンス”って日本のれこーと会社では宣伝されてるんだね。

ちなみにコロンビアのレゲトンのJ BALVINは「ラテンの貴公子」と宣伝されてて、J BALVINのどこが貴公子なんだ?とびっくりしました。
今までラテンの貴公子といわれたのは、エンリケ・イグレシアス(フリオ・イグレシアスの息子で、日本でも有名なイケメン歌手)。

しかーし、
「MALA MIA」のビデオがリリースされてまだ数日なのに、アメリカや中南米からはmalumaの新曲に批判の声が相次いでます。

スペイン語圏の人達の反応を翻訳しますね。

ニュースでは、MALUMAの新曲に大批判。 「マチスタ(男尊女卑野郎)という批判の声がたくさんあがっている」。

「malumaはなんでこんなにマチスタ(男尊女卑の男)なんだろう。こんな歌詞を女性がきいたらなんと思うだろうか。理解できない。」

「Malumaのビデオみたけどグロいし、あいつはアホのマチスタ(男尊女卑)だと思う」

「Malumaが2018年もまたやってくれた。Malumaがリリースする曲ってすべて、自分がやりちんで下品ということがあふれた歌ばかりだよね」

まあ、こんなのばかり。

もちろんファンはmaluma絶賛なんだけど。
世論的にはこんな感じです。

Malumaへの批判は今に始まった事ではないです。

コロンビアだけで有名だった時はロマンチックな曲が多かったのに、アメリカや世界デビューした頃から下品な歌が増えたように思います。

大問題になったのが「CUATRO BABYS」で、歌詞が4人の女性を性奴隷にしており、女性差別であるとともに、女性への暴力を助長するということで、スペイン語圏で放送禁止になりました。

Malumaはコロンビアの行政からも怒られて会見もコロンビアで開いたし、コロンビアの音楽界の上にいる有名ミュージシャン達からかなり怒られました。

だけどSNSやコンサートなどで「そんな批判なんてくそくらえだ」と逆ギレしました。

だから今もコンサートでは放送禁止になった「CUATRO BABYS」を歌い続けています。

Malumaのコンサートの動画がUPされると、MALUMAはその「Cuatro Babys」を大声でわざと歌ってしかもファンに合唱させます。
それを合唱してる女性ファン達に対して、スペイン語圏では「こいつらビッチだな」とか批判されてますが。

スペインでは、大きなイベントにMalumaがゲストとして招待されると告知されたら、女性達の反対デモもおきました。Malumaの招待をキャンセルしろ、あのマチスタをスペインに入れるな、というデモです。

Malumaのこういう問題については今までも何回かこのブログで書いてきました。

こちらを見て下さい。

「レゲトン界の女性リスペクトの方向に逆らうmaluma」

「 malumaの「cuatro babys」の歌詞が女性蔑視と批判される」

なぜスペイン語圏の人はそんなに怒るんだろう?
いいメロディなんだし別にいいじゃん、って思うでしょう?

日本人は意味をわからずメロデイだけできいてるだけだけど、スペイン語圏の人は歌詞の意味も、歌詞に隠された裏の意味もわかってしまうからなんですね。それに曲だけじゃなくて人格も見てる。

しかも、いま中南米では暴力による女性の死傷者が過去最高になりました。
特に夫からのDV、または恋人からの暴力、元夫や元彼氏からの暴力が多いです。

男性から女性への暴力が多いのは、中南米のマチスモ思想(男尊女卑)が大きな原因です。
中南米には昔からマチスタ(男尊女卑の男)が多くて、昔よりは減ったと思いますが、まだ中高年や地方には根強いです。

コロンビアでも男性から女性への暴力による死者が過去最高になって国際的にも問題視されています。
なので、コロンビアの政府は女性への偏見やバイオレンスをやめるようにと、法改正や社会への啓蒙と子供達の教育に力を入れています。

そんなときに、コロンビア出身で世界で成功したMALUMAが逆行したことをする。

彼は世界のティーンエイジャーを中心に大人気で、青少年に影響力が強いです。

なのにあんなに女性を性的なモノ扱いし、性奴隷のようにするような歌ばかり歌っていたら、青少年の健全によくない影響を及ぼすとして、コロンビアの行政からも注意されました。

でもMALUMAは逆ギレしてさらにエスカレートするだけで、やめない。

「CUATRO BABYS」が社会に非難された時は、MALUMAの家族はげらげら笑い飛ばしてお母さんも下品な事いってたのでどんびき。

彼の母国コロンビアでは、MALUMAはもともと育ち悪いし(コロンビアのメデジンのスラム出身で、家族も品が悪い)、社会への影響も考えないし、マチスタ(男尊女卑)だ、有名になってリッチになったからといい気になりすぎている、と批判されています。

今回「MALA MIA」の歌詞を和訳しながら思ったんだけど、エッチな曲であるだけじゃなく、最後の方を見てもわかるように、これは自分に対する世間からの批判への反論の歌ですよね。
俺はこういうやつだし、俺への批判はウソだし、俺の知ったこっちゃない、と。

MALUMAは社会に対する挑戦か、とスペイン語のニュースでは書かれてましたよ。

MALUMAはこういう形で行政や社会や世論と闘うつもりらしいけど、そこまでがんばるならもう少しいいことに目を向けたらいいのになと思います。

プライベートジェット持つほど金持ちになったんだから、プライベートジェットでW杯だけ見にいかずに、コロンビアの被災者に支援したりとか、そういうことはできないのかな? 
(クリスマスにメデジンの貧しい地域の子にクリスマスプレゼントをあげたニュースしか見た事ない)。
貧困層出身なのに冷たいな。

世界の音楽マーケットでヒットチャートに入ってるんだし、もう世界的なスターとしては世界の社会情勢や世論も考えないといけない。

もう君はメデジンのスラムcomuna13の小僧じゃないんだよ。
ローカルではOKだった理論は世界の音楽市場では通用しない。
そんなに言われるのが嫌ならコロンビアのローカル歌手に戻ればよい。

今は特に世界中で男女差別が大問題になっており、me tooがおきる前から中南米では女性差別への大規模な抗議デモが各国でおきていました。特にメキシコ、アルゼンチン、コロンビアなど。

前にブログで説明したようにコロンビアでは数年前に、ストーカーから顔に酸をかけられて全身やけどを負った女性が、暴力反対の活動家となってコロンビアで有名になり、女性への差別反対やマチスタ反対の機運が前から高まってました。

malumaは、 ”レゲトンなんてそういう歌じゃないか、昔からビキニのセクシー女性とエッチな歌詞というのがセットだろ”、と反論します。
確かに昔はそうでした。レゲトンが世界にブレイクした頃の15年位前ね。
けどレゲトンは歌詞もビデオも下品すぎるとスペイン語圏で批判を受け、放送禁止処分や、検閲も厳しくなった。
レゲトンが世界の市場で売られるようになり、レゲトン歌手達も世界のマーケットで売れるように、みんなで踊れる歌をリリースするようになりました。

例えばダディ・ヤンキーも昔は「ガソリーナ」とかエッチなのも歌ってたけど、いまは「DURA」とか「HULA HOOP」のようなズンバ(ラテン系フィットネス)で踊れる曲や、老若男女が踊れる曲を出すようになりましたよね。

malumaは私はコロンビアにいた時からきいてて、彼の曲には好きな曲が何曲もあるしCDも買ったし、レゲトンだけではなくてPOPS系やfeaturing系もいいと思うんだけど、考えがまだ昔の時代のレゲトンの歌手っていう感じがします。

時代の流れについていけてない、そこがダサいことを本人が分かってないのが残念。。。

5月にリリースされたばかりのMALUMAのアルバム


コメント一覧
  1. dia feliz より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    前にアメリカのペンス副大統領がコロンビアにきて「コロンビアは麻薬問題をどうにかしろ」と会見でいったんですよ。
    それそのままアメリカに返すよ、って思いました。
    コロンビアを麻薬の産地にしてコカイン作らせといて、中米からメキシコを通ってトラフィックしてるからルートのところで麻薬抗争がおきる。
    アメリカってほんとに被害者面うまいなって思いました。

    トランプがメキシコとの間に壁作ると言ってますが、地下トンネルも全部埋めて麻薬のルートも全部ぶったぎってほしいです。
    それでアメリカが国内でコカイン生産すればいい。
    そうすれば中南米が抱えてるバイオレンスや麻薬抗争はかなり減るからって思います。

    コロンビアとメキシコばかり非難しないでほしい。
    私はその2か国に住んで、何回か行き来してたので「麻薬のトラフィックやってるんじゃないか」って空港で言われましたよ。
    私はドラッグやらないし、ほんとに「NARCOS」とかのイメージで言ってるんだなって頭にきました。

    メキシコもナルコのお友達から大統領が変わるので、少しは麻薬抗争やバイオレンスが改善されたらいいと願っています

    > ドラッグについてはもう最大の消費国であるアメリカがメキシコなどをはじめとする中南米を批判するのはやめてほしいです。日本でもラテンの人が悪いようにニュースなどで書かれていてうんざりします。アメリカへ送るルートができることによって、中南米でも消費が増える…そういう現実をわかってほしいなと。
    >

  2. コッシー より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    以前その記事も読ませていただきました。確かにメキシコでもDVに関しての取り組みや制度・法律がよくニュースになっています。少しずつでも変わっていってほしいです。

    次のJBalvinについての記事、とても共感しました。私も彼のインスタを読んで、彼の音楽や祖国への考え方は素晴らしいと思います。

    ドラッグについてはもう最大の消費国であるアメリカがメキシコなどをはじめとする中南米を批判するのはやめてほしいです。日本でもラテンの人が悪いようにニュースなどで書かれていてうんざりします。アメリカへ送るルートができることによって、中南米でも消費が増える…そういう現実をわかってほしいなと。

    世代・性別・国籍を超えてみんなが楽しめる音楽を聴きたいですね。

    たくさんコメントして申し訳ないです。いつも記事、楽しみにして読ませてもらっています。

  3. dia feliz より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私もメキシコに住んでたからメキシコのマチスモはわかりますが。

    中南米の女性の殺傷事件の多くは、加害者が夫か、元夫か、彼氏か、元彼氏なんです。
    だから社会問題になってるんです。DVが多すぎる。
    それはメキシコもコロンビアもです。
    例えばコロンビアのボゴタでは、前の夫が元妻の職場のショッピングセンターに押しかけてみなの目の前で撃ち殺しました。
    コロンビアでは彼氏や夫から酸をかけられたり、暴力振るわれて顔がめちゃくちゃになった女性のニュースもでます。
    私はメキシコのニュースも読んでますが、よくDVのニュースが出てます。

    中南米での女性への暴力反対運動と、DV問題、中南米での女性による抗議デモについては何度かブログにも書いてますが、
    これも読んで下さい。
    http://diafeliz.blog79.fc2.com/blog-entry-1248.html

コメントを残す

レゲトンの関連記事
おすすめの記事