ドレイクが今度はスペイン語のレゲトンに挑戦しました。

ドレイクの曲ではなく、世界で大人気のプエルトリコ人のトラップラティーノの歌手 Bad Bunnyの曲にfeaturingで参加。

すごいよね、ラテンの勢い。
ラテンの若手歌手が、ドレイクをfeaturingで使うんだから。

今月リリースされたばかりで、いまビルボードのヒットチャート1位。

ドレイクは人気ラッパー。リリースする曲みんなヒットチャートにランクインしてビートルズの記録も塗り替えた世界の超人気歌手です。

いまは世界中でラテン音楽が大人気なので、世界でトップに人気のドレイクとラテンがコラボすればすりゃ、リリースされてすぐビルボード1位になるのは当然。

しかもいま旬のBad Bunny。
プエルトリコ人のtrap latinoの歌手でレゲトンも歌います。
若手ですが、すごい売れっ子でたくさん曲リリースしてるけど、ここ何年かはリリースする曲が次々とランキングに入るヒット曲メーカー。

今はtrap latinoがラテンで一番若い世代に流行ってるジャンルだし、彼は世界で人気なので、いろんな歌手がBad Bunnyとコラボしてます。

ラテン以外のコラボだと、先月ビルボードで1位になったCardi BとJ Balvinの曲「I like it」にも参加してます。
Bad Bunnyはtrap latinoが専門だけど、ラテン以外でもひっぱりだこです。

※ 「I like it」について書いた記事はこちら

「「I like it」Cardi B ft. Bad Bunny, J Balvinのラテン的解説」

「MIA」Bad Bunny ft. Drake

この曲はロマンチック・レゲトンです。

レゲトンの中でもメロディも歌詞もロマンチックな部類です。

メロディもまったりしてイイ感じだし、今ランキングに入ってるラテンの曲はアーバン系でほとんど歌詞がエロくて下品なのであんま和訳したくないんだけど、この曲はいいと思ったので今日は和訳しました。

Bad Bunnyはトラップラティーノやレゲトンでは下品な歌詞が多いんだけど、これはロマンチックに歌ってますね。

彼らのファンはティーンエイジャーや若い世代が多いと思うけど、若い世代に聴かせてもOKな曲。

「Mia」の歌詞は和訳して(スペイン語から)、もう一つのブログにUPしましたのでこちらをクリックしてください

http://diafeliz.jugem.jp/?eid=70

MIAは、英語のmineにあたり、私のもの、という意味です。

だからこの歌のタイトル 「MIA」は 「俺のもの」。

君は俺のもの、という歌ですね。

ビデオは歌詞とはあんま関係ないです。

歌詞は好きな女性と主人公の2人の話だけど、ビデオはセクシー美女がたくさん露出した格好でセクシーダンスするという昔からのレゲトンのありがちなビデオなんで。

ドレイクとだったら、もっとしっとりしてアダルトなビデオにした方がよかったんじゃないかと思います。

Bad Bunnyはいつもおちゃらけてるけど、しっとりしたトラップラティーノの曲も出してるので。

Bad Bunnyとドレイク達がプレイしてるゲームは、ドミノです。

ドミノは、キューバやプエルトリコなどカリブで人気のゲームで、キューバ人は週末になるとドミノやってる男性が多かったです。

「MIA」のMP3ダウンロードはこちらから

ドレイクはラテン系ではなくて、アフリカンアメリカンの父とユダヤ系の母を持ったカナダ人。
スペイン語は歌の為に練習したようです。
きれいに歌ってるけど、若干たどたどしくてちょっと緊張してるのがわかる…。

ラテンの曲にドレイクが参加したのは今回が初めてではなくて、何年か前にロメオ・サントスのバチャータでもコラボしていますよ。

私はその曲大好きで、自分のイベントでもときどきかけます。

「Odio」 Romeo Santos ft. Drake

「Odio」は、hate ヘイト、という意味です。

ロメオ・サントスは大人気のバチャータの歌手でドミニカ共和国系の米人。
セクシーで女性に大人気な歌手です。
が、この曲はドレイクが入ってさらにアダルトでセクシーな歌に。
大好きな曲です。

この曲が入ったRomeo Santosのアルバムは

「MIA」でドレイクが、このバチャータのロメオ・サントスを歌詞に出したのは、前に共演したからかもしれません。
ロメオ・サントスは、セクシーなバチャータ・キング(ラテンのバチャータというジャンルのトップ歌手)で女性に大人気だし。

おすすめの記事