先月私がSNSに書いたら結構バズった話題に、ミスユニバースの話があります。

ミスユニバースのミスコロンビアが2回やらかしちゃった話。

今年のミスユニバースは見た目はきれいだけど性格がかなり悪くてコロンビアでは史上最悪のミスコロンビアと言われました。ヴァレリア・モラレスという名前。

 

 

まずミスコロンビアになって早々、LGBTに対してひどい差別発言をしました。
ミススペインがトランスセクシャルで、トランスがミスユニバースに出場した歴史的な快挙なのですが、ミスコロンビアがdisりました。
「ミスユニバースは女の祭典で、生まれながらにして女の人だけが出られる」とミススペインについてインタビューに答えて、大炎上。

コロンビアではミスコロンビアとミススペインが取っ組み合ってる風刺画が出たり、けんかしてる動画をミスユニバースで出会ったミススペインとミスコロンビアとかちゃかしたのがたくさんでました。

ミススペインはこの人。

miss spain

結局あまりに炎上してミスコロンビアが謝り、ミスユニバースの大会に行った時にミススペインに謝罪して二人で笑顔で写真を撮ってインスタにUPするというパフォーマンスをしたのですが。

 

このミスコロンビアのヴァレリアは性格がかなりやばいので、またやらかすだろうなと心配してたらやっぱりやりました。

ミスアメリカがミスベトナムとミスカンボジアが英語力がないと嘲笑したビデオを公開し、ミスアメリカと一緒に悪口を言ってたのがミスオーストラリアとミスコロンビアだったのです。

ミスアメリカがミスカンボジアとミスベトナムが英語力がなくて、英語で会話してても笑ってうなずいてるだけで会話についてこれなくてかわいそうだの、いろいろdisり。

「彼女は(スペイン語圏だけど)英語すごいうまいのに」とミスコロンビアにふったら、ミスコロンビアがそうよと同意。

ミスコロンビアは現在アメリカの大学に留学中で、英語話せるんですよね。

ちなみにミスオーストラリアは父親が中国人のアジア系で、オーストラリアで白人が多いエリアで育ったのでアジア人差別で辛かったから多様性を訴えたいと言ってたくせに、同じアジア系を言葉でdisりました。さいてーです。

 

 

この動画見たら、まさにハイスクールにおけるスクール・カーストのいじめみたいで嫌な感じ。

この動画は大炎上。

ミスコロンビアは予選で落ちました。

 

 

コロンビアはミスユニバースが国民行事の国で、ミスユニバースはテレビで中継されて多くの国民が見ます。
このごろコロンビアは毎年ミスユニバースや準ミスを輩出していて、さすが南米の美人国と賞賛されるだけあるって感じですが。
だから国民の期待も高まってたのに、今年のミスコロンビアは2回も差別発言で予選敗退してしまったので、こんな恥ずかしいミスコロンビアは初めてとか国内でもめちゃたたかれました。

ミスコロンビアのヴァレリア・モラレスはもう2018年のミスコロンビアなので、今は元 ミスコロンビアになり、2019年のミスコロンビアがいます。

ヴァレリアは数日前にコロンビアの法律番組に出演して、自分が受けた被害を告訴しましたが、何言ってるんだかわからないとか視聴者から嘲笑されてました。
結局あの女は金の為ならなんでもするんだな、とか書かれて。
ピエロになってしまった感があります。

 

 

 

2017年のミスコロンビアも2018年も2019年も皆カリ市の生まれ。

私がいたカリ市の女性が3回続けてミスコロンビアになりました。さすが美人の都市カリとカリの人達は誇らしげです。

確かにカリはセクシー美人が多いと言われていて、特に夜のクラブ(踊るほう)は壮観です。

ミスになるには背が高くなきゃいけないけど、ラテンアメリカ人は全体的にそんなに背が高くない人が多い。
コロンビアのカリの女性には顔だけだったらミスコロンビアレベルの人は結構見ます。ミスコンに出るのは背が足りないだけで。

けど気が強い人が多いんだよね。
しかも嫉妬深い人がコロンビア女性には多くて、カリの女性は気が強いし女王様気質がある。ミスコンに出れるほど美人だけど意地悪な人もいたんで、カリの女だねーって思いました。

 

 

この写真の左が問題の2018年ミスコロンビアのヴァレリア・モラレス。右が2019年のミスコロンビアのガブリエラ・タフール。

 

 

2019年のミスコロンビアのガブリエラ・タフールは今までのミスコロンビアとまったく系統が違う感じです。

 

今までミスコンに出てくる人はほとんどがプロモデルでした。
コロンビアにはミスコンの養成学校もあるかと思います。

おととしのミスコロンビアは黒人で最貧県のチョコ県の出身だったのでコロンビアですごい差別にあいました。

彼女はミスユニバースで3位になりましたが、英語が苦手であまり知性的な人じゃなかったので最後の質問コーナーのところで質問と違う答えを言ってしまってダメでした。

 

 

でも今年のミスコロンビアのガブリエラは知性派です。
今までのミスコロンビアはプロモデルばかりだったので、男性の中には今年のミスコロンビアはブスだのBBAだの悪口言う人もいます。

人権派の弁護士で、彼女は人権活動家でフェミニスト。

これは彼女のインスタ。
LGBTパレードに行った時の写真。
ちなみに彼女には彼氏がいてストレートです。

 

 

ミス・バジェ県(カリ市のある県)になった時には、カリ市の女性市長と一緒に「女性への暴力禁止キャンペーン」のコマーシャルをやってました。市長と一緒に出て、暴力をやめよう、暴力被害にあってる人はすぐ相談を、というCMをしてたんです。

 

 

このキャンペーンでは、加害者には女性への暴力をやめろといい。女性には暴力の被害者じゃないですか、もしそうならこのホットラインにすぐ電話をと電話番号があり。そして女性にはパワーがあるから暴力に耐えずに男性から自立しようという啓蒙でした。

今までのモデル的な外見できれいだけど知性的な発言をしない人が多かったミスコロンビアの歴史でしたが、初めての知的なミスが誕生しました。

 

 

コロンビアって外見至上主義の国で私が住んでいた時にルックスの話が多くてへきえきしました。コロンビア人が「私は今度整形するのよ。あなたも豊胸手術した方がいいんじゃないの?」と言ってくるくらいの美容整形大国だし、男性でもネイルサロン行ったり、外見命の国でした。

けどこの数年で急に変わってきたような気がします。
女性の人権を求めたり、女性への暴力反対の大規模デモが頻繁におこるようになってきて。

ラテンアメリカはもともとマチスタ(男尊女卑の男)が非常に多い地域でDVも多いのですが、ここ数年はマチスタ反対、女性への暴力反対を求める声が大きくなってます。

メキシコは世界で一番DVや暴力により亡くなる女性が多い国。コロンビアもfeminicidoという女性という理由で殺される(DVや男性からの暴力など)事件が非常に多いです。
それに対して抗議するデモが頻発しています。

ミスコロンビアがいままで見たいな整形美人ぽいモデルではなくて、知的な人権派の弁護士を選んだということで、コロンビアも変わったなあと感慨深いです。

ラテンアメリカは根強いマチスモ(男尊女卑)の国でしたが急激に市民の意識が変わりデモが頻発するようになり、行政も動かして法やシステムも改正されていっています。

 

 

中南米が遅れているといっても、男女のジェンダーギャップ(格差)の世界ランキングでは日本よりずっと上です。ちなみに日本は110位。


ニカラグア 5位
コスタリカ 22位
キューバ 23位
ボリビア 25位
アルゼンチン 36位
コロンビア 40位
エクアドル 41位
ジャマイカ 44位
パナマ 45位
メキシコ 50位
ペルー 52位
チリ 54位
ベネズエラ 64位
ホンジュラス 65位
ドミニカ共和国 74位
エルサルバドル87位
ブラジル95位
グアテマラ 107位

日本  110位

5位のニカラグアは独裁政権で、政府に抵抗した市民が去年の春に攻撃されて450人位殺された貧困の中米の国。

キューバは共産党だから男女平等なのはうなずけますが。

日本のちょっと上のランクのグアテマラは中米の移民キャラバンでアメリカに移民しようとニュースになっている貧しい国ですよ。同じく中米移民キャラバンで問題になってるホンジュラスも65位だしね。

ラテンアメリカと同じく男尊女卑が根強い日本ですが、ラテンアメリカにすらどんどんおいていかれています。やばいです。

おすすめの記事