ついに、あの老舗のクラブまでクローズです。

東京の西麻布にある、YELLOW。

HOUSEミュージックのクラブとして16年君臨しつづけてきて、NYやロンドンなど世界中の有名DJが来日してまわした、日本トップのクラブが、ついに今度クローズ。。。。

テクノのレジェンド(伝説)のクラブ MANIAC LOVE、 バブル時代の遺産 の巨大ディスコ ベルファーレ、 どんどんクラブが姿を消していきましたが、まさか YELLOWまで…。

まあ、西麻布にあってまわりに住宅もあったし、イベントによっては入場制限で列ができるので。
うるさいなどの苦情もあったときいてましたが。

東京のクラブシーンどうなっちゃうんでしょう。
ますますつまらない街になりそう。

石原が都知事になってから、東京のクラブ摘発が激化したような。

ラテンクラブも少し人が少なくなってるような気がします…
以前はぎゅうぎゅう詰めだった六本木のエルカフェも 客が減ってますよ。週末なのに2階はがらがらということも。

みなさん、もっと踊りに行ってお店を盛り上げてください!!
ラテンクラブってみんなそれほど飲まないし、あんまりもうからないらしいので、つぶれないように。。

<追記>

YELLOWのクローズイベントに行ってきました。
何日間にわたってあり、かなり混んでました。
YELLOWは昔から何度も行って思い出もあります。有名なDAVID MORALESが来日した時も行きました。
YELLOWは何度か摘発で一時閉店したことはあるけど、とうとう永久にクローズ。

<ブログ内関連過去記事>
「震災後、”元気を出せ”っていいながらダンスを奪う日本」
「サルサのどこが善良な風俗を害するペアダンスなの? 」
「風営法の標的はペアダンスだった」
「ダンスはいくら弾圧しても死なない」
「クラブ消滅の危機」

「六本木のクラブ、閉鎖」

「サルサバーが閉まっていく 」

「ダンスは善良な風俗を害するもの

「ダンス全般が風営法違反だって。公民館さえ」

ブログのカテゴリーとして 「クラブの取り締まり・閉店」 。 → 6年前からクラブの取り締まりと取り締まりによる閉店について何度も書いてます(ジャンルはラテンに限らずクラブ全般)



おすすめの記事