ドミニカ人と一緒にいると、朝から晩までバチャータ。

朝起きたと同時にバチャータをかけ、朝ご飯のBGMもバチャータ、昼もバチャータ、夜の友達とのパーティもバチャータ。 

友達のうちに遊びにいったら、またそこでかかる音楽はバチャータばかり。

じゃバーに遊びに行こうと連れて行かれると、その店の音楽もすべてバチャータ。

バチャータ好きだけど、48時間バチャータは狂いそう~!!

パーティとのときに、「メレンゲかけようよ」と私がメレンゲに変えると、 「バチャータのほうがいいよ~。 ♪ ラララララララ、ラララララ~」と大声で歌い、すぐバチャータに変えちゃうんです。

おいおい、メレンゲもドミニカの音楽だろ、ってつっこんだ。。。。

ドミニカではバチャータが一番人気なんだそうです。

バチャータ最高って、みんなバチャータ合唱してるし。

それに、「ほら、見てみて。知ってる? Anthony Santos?」 「これもAnthony Santos、いい曲でしょう?」 と次から次へと You Tube でバチャータビデオ見せられる。
同じ人の曲のビデオを何十曲も見せられるので、もういいよ…と思いました。

ドミニカでは、Anthony Santos (アントニー・サント)が最高のバチャータシンガーだそう。
日本ではアントニー・サントは知られてないけど、ドミニカトップのバチャテーロだそうで、彼の曲がいつもかかってましたよ。

「日本のクラブでは、AventuraやMonchy Y Alexandraばかりかかるね…」とドミニカ人は苦笑いしてました。

ちなみに日本のクラブで絶対にかかる、 Monchy Y Alexandra はドミニカ人にはまったく人気なく、一曲もかけません。

AVENTURAはドミニカ人にも人気。
AVENTURAの2人はドミニカ系だそうです。
確かにバチャータをたくさん聴いていくと、いかにAventuraがいいか分かります。
私も Aventura大好き。
Monchy Y Alexandraは、聴いていたらあんまりたいしたことないな、意味もないし、って思いました。

ドミニカ人グループにクラブに一緒に遊びに行くと、サルサや他の音楽ではみんな飲んでおしゃべりしていて、バチャータがかかると どーーーーーっとフロアに出て踊りだします。
他のドミニカ人たちも同じく。
バチャータかかると腰が動いて歌いだし、踊ろう、踊ろう言います。

ほんとにバチャータ好きなのね。

しかし。。。。。
一日中バチャータはやめてよね。
退廃的だから朝から気が滅入るのよ。。。

おすすめの記事