コロンビア独立祭のあとに、東京のラテンクラブで2次会(?)コロンビアパーティがありコロンビア人が集まって盛り上がり。
ところがその日、そのクラブにはキューバンイベントが入っていたため、早くから集まっていたキューバイベントの人たちがコロンビアのせいでイベント開始時間が遅れたとイライラ。

コロンビア人にとっては、コロンビアサルサで盛り上がっていい調子になってたところで、急にうちきられてキューバイベントに変えられてしまった。
興味がないキューバイベントのパフォーマンスを次々に見せられて怒っちゃった。

とうとう、キューバ人とコロンビアグループの間でけんかになったそうです。

なぜあの店は親コロンビアの店なのに、コロンビアフィエスタの日にあえてキューバイベントを入れたんでしょう。

キューバもコロンビアもサルサ国で、それぞれ自分の国はサルサの国だと誇っています。

ラテンミュージック、サルサ、ラテンアメリカ、みんなひとくくりにされちゃうかもしれないけど、
でもラテンアメリカ人からしてみたら国が違えば大きな違い。
サルサといっても、キューバのサルサ、コロンビアのサルサ、プエルトリコのサルサ、全部違う。

コロンビアフィエスタでは、コロンビアサルサがライブでかかりましたが、
曲はコロンビアサルサでも、「あのバンドは、ペルーのバンドだからコロンビアのサルサとはぜんぜん違う」とコロンビア人。 (← 注) ちなみにこのバンドはペルー人が中心ですが、バンドにはプエルトリコ人や日本人もいます。ただ、コロンビア人にいわせると曲調は ペルーのサルサ、だそうです)

私はこのブログでよくコロンビアサルサのことを書いてますが、コロンビアサルサはキューバやプエルトリコなどのサルサとかなり曲調やダンスが違うでしょう?
コロンビア人にはコロンビアのこだわりがあるのです。

おすすめの記事