大使館でラテンアメリカのカルチャーを日本にPRしてる担当者(ラテンアメリカ人)と知り合いになり、一緒にサルサ行きました。

日本人がサルサを踊ってるのを見て、「いやー、日本人はみんなサルサ上手に踊るよね。ほんとに」と感心してました。
そして、「ラテンアメリカのカルチャーを好きになってくれて、こんなにラテンアメリカのダンスを踊ってくれる人たちがいてうれしい」と喜んでました。

私が、「いま、サルサの人気が高まっていて、サルサをやる人が女性を中心に増えてるんです。 いろんな習い事やダンスがある中で、ラテンの音楽やダンスに興味を持ってわざわざ踊りに来る人たちがいるっていうのはうれしいですね」と言いました。

「日本人は(何十年も昔から)もともとラテンのダンスや音楽が好きだし、ラテンのダンスを踊るととってもハッピーな気分になれる、という人が多いみたい。だからみんな楽しそうに踊ってますよね」、と私は付け加えました。

もっともっとラテンアメリカの文化を日本に広めたい、そのために私も一助となりたいなって願ってます。

おすすめの記事