通りすがりの人にラテンに参加してもらおう、というオープンエアのラテンイベントにいくつか行きました。

ひとつはまったくの無料。
もうひとつは、数千円のチャージをとってました。

無料のほうは、飛び入りでレッスンに参加するおじさん、おばさんたちもいました。
ところが、数千円のチャージがあるほうは、さすがに興味だけで入ってくる人はいませんでした。

数千円のエントランスとるイベントは、私たちはレッスンに参加しないでフリーダンスタイムから入ったんだけど、レッスンを受ける人と同じエントランスチャージとられました。少し踊ったらすぐパフォーマンスを見なければならないし、ワンドリンクでこの値段はちょっと高いなと連れが言ってました。
エントランス料金無料にして、ドリンクを売れば、ドリンクで収益でたと思うんだけど。
インストラクターの生徒さんが多かったし、パフォーマンスはあるし、来てる人達も顔見知りっぽい感じだったので、他の人は入りにくいかもしれません。サルサ好きのわたしたちでさえ、ちょっといづらい感じがしましたから。

よくサルサイベントを企画してるところのだから営利的になってしまうのでしょうが、「通りすがりの人にもラテンを広めたい」、という趣旨でイベントをしてると書いてありましたが、そういう雰囲気じゃありませんでした。

もうひとつのイベントは、地元の人たちにラテンを楽しんでもらおうという地元愛やサービス精神がよくわかりました。 ただし場所があまりよくなくて人通りが少ないし、見てる人達もダンスや歌に興味がある感じじゃなかったのが気の毒でしたが。
でもそのコミュニティにラテンを楽しんでもらおう、一緒に踊ろう、というのはいいことだと思います



おすすめの記事