ひさしぶりにエルカフェに行ってきました。

驚いたのは結構混んでいたこと。
景気が悪いからラティーノ少ないかと思ったんですが、ラティーノもたくさん来ていました。
下の階は混み混みで踊りにくい状態でした。

曲も前と変わってました。
ここでも紹介した曲がいろいろかかっていて、ヒット曲オンパレード。
好きな曲が多いからうれしくなりました。

最近はローカルのラテンイベントに行くことが多くなったのですが、DJの選曲がマニアックなのです。
ヒット曲とかみんなが知ってる系の曲がほとんどかからない。

それに比べてエルカフェは、みんなが知ってて盛り上がる曲をいつもちゃんとおさえてるなーと感心しました。 踊らず曲を聴いてるだけでも満足。

しかも、なんとクンビアがかかりましたよ。

前にこのブログで、エルカフェの選曲に文句言ってるラティーノがいるけど、GRUPO5とかのクンビアかけとけばペルー人は喜ぶのに…、 と書きました。

そしたら、そのgrupo5とかのクンビアが何曲もかかったんですよ!!!
GRUPO5といえば、いまペルーで一番人気の大スターですから、もうペルー人大盛り上がり。
みんなで輪になって踊りだしました。
ペルー人が意外とたくさん来てるんだなーと思いました。

しかし、途中で気づいたんですが、1階と2階ではかかってる曲が違ったんです。深夜に2階の曲が変わってダンスミュージックではなくてまったり系になりました。
バラーダとか。
だから踊らず話をするしかない。
テーブルもおかれてフードメニューもできました。 2階はレストランバー的にしたんですね。

おすすめの記事