バチャータの踊り方について2回書いてきましたが、ではバチャータの本場のドミニカではどのように踊ってるんでしょうか。

ずっと前にも書いたように、以前私はドミニカ人の友達が多かったので、朝から晩までバチャータ攻撃にあっていて、ドミニカ人のバチャータをたくさん見ました。

「ドミニカーノスのバチャータ」

「朝から晩までバチャータ」

私が知ってるドミニカ人たちは、1,2,3でステップ踏んで4で腰をシェイクする、という踊り方をしないんですよ。
左右に大きくステップ踏んだりもしません。
どっちかというとあまり動きがなくて、踊るスペースもとらない。

足を大きくスライドさせたりステップ踏むんじゃなくて、細かく腰を動かしています。
私が踊ってるときも、「シントゥーラ、シントゥーラ!!!」って注意されました。
腰の動きが、一番のポイントだそうです。

でもドミニカ人の腰の動きはいくら練習しても身につくもんじゃないと思います。
だからドミニカ人がもしインストラクターになっても、ドミニカのバチャータを教えるのは難しいかも。

他の国のラテンアメリカ人のバチャータの踊り方もドミニカーノスとは違います。
1,2,3 シェイク のもう少しおとなしい踊り方です。

あのバチャータのダンスは、ドミニカ人にしか踊れないのかもしれない。。。
ドミニカ人はアフリカ系の黒人が多いのですが、やっぱりアフリカの血なのかなー。
彼らがダンス踊ってるところを見るとそんな気がします。

ドミニカ人が踊ってる動画ならいくつか見つかりましたので、UPします。

これはドミニカ共和国のお店で踊ってる人たち。
前に、「コルマドでダンス」 で書いたけど、ドミニカ人は一般商店(雑貨屋)とかの中や前に椅子がおいてあって、そこで買ったものを飲み食いしたりあいてるところで踊ったりするのが好きみたいです。

これらを見るとわかるように、左右に1,2,3、4とステップ踏んでませんよね。
4でシェイクもしてないし。
私達がクラブで踊るときは左右の動きだけど、ドミニカ人は左右ではない。
前後の動きのほうが多い。
大きくステップ踏むんじゃなくて足が動くスペースは結構小さい。
それにやっぱり腰で踊っています。
足はリズムをとっていて、 腰をひねったり、腰の動きがとても重要なのが分かると思います。

これはドミニカにあるディスコの映像だそうですが、バチャータを踊るドミニカ人たち、あんまり動きがないでしょう。 全体で見ればよくわかると思います。

前々回に紹介した、欧米のバチャータのインストラクターさんたちのセクシーダンスと違って、ドミニカ人たちのバチャータはナチュラルな感じがします。
男女もあまり密着度高くないでしょう。

おすすめの記事