ラテンアメリカを扱ったテレビ番組を見るときにいつも思うこと。。。

国にかかわらず、音楽が

メキシコ もしくは ジャマイカ のものが多い。

…など、国と音楽がぜんぜん一致してない。

ブラジルはOKなんです。
ブラジルといえばサンバだから、たいていサンバ流れてるから。

アルゼンチンなら、タンゴ。
これも分かりやすい。

ペルーもまあ、コンドルは飛んでゆく をかけとけばいい、って感じ。
まあそれも分かりやすい。

メキシコや、ジャマイカもメジャーだからだいたいOKかな。

けど、他のラテンの国はめちゃくちゃ。

コロンビアとかチリとかパラグアイのBGMに、メキシコの音楽って????
メキシコはアメリカの隣で、あとの国は南米なんだけど。

メキシコの音楽って、コアな音楽じゃなくて、シェリトリンドとか誰でもわかるような超有名なメキシコ音楽ですよ。誰でもそれはメキシコの歌だ って知ってるのに。

コスタリカとか南米の番組には、ジャマイカのスチールドラムの音楽。
カリブじゃないんだけど。。。

たぶんテレビ局の音声には、BGMコーナーに「ラテン」ていうジャンルがあって、メキシコやブラジルとかのメジャーなやつがおいてあって、それをなにも気にせずてきとーに使いまわししてるんだろうけど。

日本のことを紹介するテレビ番組や日本がでてくる映画に、中国の曲が使われたり、ドラが鳴ることがよくあって、日本人には「中国と混同するな」と怒ってる人がいます。
でも日本と中国は隣国だから、海外では結構混同されてます。

南米を紹介するときにメキシコの音楽を流されるのは、日本人にとって、日本を紹介するテレビ番組のBGMにアラブのベリーダンスの音楽が流れていたり、カンボジアのアプサラダンスの音楽が流れてたり、そんな感じだと思います。

ラテンアメリカはラテンアメリカでまとまってることもあるけど、愛国心が強いし、ライバル心も強く、特に隣国同士は仲が悪いです。
たとえば、ペルーとボリビア、ペルーとチリ。長年の犬猿の仲。

彼らにとっては、せめて中米と南米は間違わないでほしいと思ってるでしょうね…。

テレビ局もこれだけラテン流行ってるんだから、サルサとかメレンゲとかも取り入れたらいいのに。
なかなかテレビでこういう曲がかかることってないですね。
マスコミはまだランバダどまりなのかな~

コメント一覧
  1. dia feliz より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    日本に出稼ぎに来てる南米人の実家の話を聞いたら、都会の3階だてで部屋が10個以上あって、大型液晶テレビ、AVコンポもDVDがあるし車も数台あるとか。
    それじゃ日本だったら金持ちの家だよって思いました。
    まあ、それは彼が日本で稼いで仕送りをしてるおかげでもあるけれど。
    でも、南米の金持ちってハンパない金持ちで、日本では想像できない豪邸に住んでるし。
    けれど、南米のイメージはやっぱりマチュピチュとアマゾンとリオのカーニバルなんでしょうね

  2. tomoko より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    やっぱり自分の目で確かめてみないとわからないことっていっぱいありますよね。

    ほとんどの南米人は洋服を着て、家に住んで、冷蔵庫やらエアコンやらパソコンに携帯だってある。
    当たり前の生活をしてるだけなのに、南米人だって言うだけで、
    「え、そうだったの?すごーい」
    なんて妙に感心されてしまう。

    別に凄くないけど・・・

  3. dia feliz より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そうですよね~。
    南米はまだ日系人がいるし日本に住んだことがある南米人もいるけど、ヨーロッパでは中東から極東までごっちゃになって混同してる人が少なくないんですよー。あれにはまいります。

    ペルー人が「日本ではアンデスとかマチュピチュの番組ばかりやるから、日本人に自分はペルー出身だというと、ペルーにはテレビあるの?とか車あるの? インディオの民族衣装を着ないのか、ってよく聞かれる」って言ってました。

  4. tomoko より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私の主人はパラグアイ人ですが、日本に来るまで中国、韓国、日本あたりはみな同じだと思ってたそうです。

    私の両親も、私が結婚を考えている相手が南米人だと聞いて真っ先に思い描いたのは、アマゾンのジャングルを上半身裸で走り回る原始人のような人たちという姿だったそうですよ。
    びっくりしてたけど、心の広い両親なので呆れつつも彼を受け入れてくれたから良かった。
    今はパラグアイのことも勉強して、だいぶわかってくれてるし。

    メディアは頼りにならんです。

コメントを残す

ラテン音楽総合の関連記事
おすすめの記事