前回紹介した「マリナ」というメキシコのドラマですが、 言葉がすごくききとりやすいような気がします。

私が、個人的にメキシコのスペイン語が一番ききとりやすくて、メヒカーノスが一番しゃべりやすい、からかもしれませんが…。

でもこのドラマの登場人物は、ゆっくりはっきりしゃべるので、結構言葉を聞き取りやすいです。

スペイン語を勉強してる人にはいいかもしれない…。

ラテンドラマがどれも聞き取りやすいわけじゃなくて、ペルーのドラマには聞き取りにくいのもありました。
ペルー人が言うには、そのドラマは早口だしスラング入ってるから難しいって言われたけど。字幕がなくてスペイン語だけだったしね。

日本のテレビでやってるラテンドラマはごく一部で、まだまだたくさんあります。
BSのみたいにおおげさじゃないドラマもありますよ。

それにラテンドラマは、みんなラテンアメリカでつくられてるわけじゃなくて、アメリカ(USA)のドラマも結構あります。
アメリカには4000万もヒスパニックが住んでるので、スペイン語のドラマもあるわけですね。。。

日本のスカパーにもポルトガル語放送などありますよね。

でも、日本に住んでるラティーノたちは、インターネットでラテンアメリカのニュースやドラマなどをよく見ています。
インターネットにテレビ放送があって、向こうの番組がいろいろ見れるんです。
自分の国の番組が多いけど、その他の国のも見てますよ。
ニュース、スポーツ(サッカー中継とか)、ドラマ、お笑い、ワイドショー、音楽番組などいろいろ見れます。
無料のチャンネルもあれば、有料のもあります。

ラティーノはこういうのが好きで、日本に住んでるくせに日本のニュースやテレビ見ないで、自分の国のニュースやドラマやお笑いとかばかり見てるんですよ。
しかも毎日何時間も。
で、それをこっちに見せる。
おもしろい、ってゲラゲラ笑ったり、すごいニュースがあったっていいながら。。。
いつもいつもだと、こっちもげんなりするんだけどね。

日本のニュースも見ればいいのに。だから日本の情勢分かんないんだよ。

スペイン語を勉強したい人やラテンドラマなどを見たい人は、加入すればネットで見れます。
ただしすべてスペイン語だけど。

おすすめの記事