コロンビアのボゴタでのことです。

寝てたら、いきなり がんがん爆音 に襲われました。。。

まだ朝の7時前だよ。
いいかげんにしてよー。

爆音のレゲトン。

レゲトン好きですが、レゲトンで朝起こされるのは嫌だよ。

ご近所さんがかけてるんだけど、レゲトンだけではなくあっちこっちの家からいろんな音楽が聴こえてくる。
まあ朝からにぎやかなもんですわ。

滞在していた友達の家は、ボゴタのローカルエリアにある団地。
この辺のエリアは観光客は誰も立ち入らないし、外国人も住んでない。
アジア系なんか一人もいないので歩いてると珍しがられました。
他のボゴタの友達にそんなエリアに私が滞在してると言ったら驚かれたけどね。
私は一般人のローカルな生活が好きだからおもしろかった。

団地の真ん中が吹き抜けになってて、窓を朝からあけっぱなしにしてるんで各家庭の音が筒抜けなんです。
音楽だけじゃなくて、けんかの声もきこえるよ。

コロンビア人の朝は早い。
仕事の始業も7時くらいからのところが多いらしく、そこのママも6時前に出勤する。
学校は二部制で午前の部の子たちは早朝から授業。

7時からレゲトンかけるななんてもし文句言ったら、「7時なのにまだ起きてないの? 日本人はなまけものだねー」って言われちゃいそう。

朝だけじゃなくて一日中どっかで音楽かかってる。
まあ、それでどこの家でどういう音楽をかけてるのか把握できたんだけど、ロックやレゲトンなど他のジャンルの音楽ばかり。
ここでも一度もサルサを耳にすることはありませんでした。。。
ボゴタだからしょうがないか 笑。

おすすめの記事