サルサのスタイルの話についていろいろ書いてきました。なんでかというと、サルサスタイルが違うことで日本人男性からダンスを途中でやめられてしまったサルサトラウマ事件以降、しばらくサルサのスタイルの違いについいて悩んでいたからです。

しかもその頃、あるサルサクラブでオーナーと踊ったら、「おお、君はサルサうまい! いいねー。 でもさ、LAとかキューバンとかもちゃんと習ったほうがいいよ。今の踊り方だとラティーノとしか踊れないでしょう。LAとかちゃんと習っておかないと、他の人と踊れないじゃない。オーストラリアとかアメリカとか海外でもみんなと踊れないよ」と言われてしまいました。

そして同時期に、友達からも、「キューバンサルサ習いなよ。私はキューバンサルサ好きだから、キューバンサルサ主体のクラブに行きたいのに、あなたがキューバンできないから一緒に行けないじゃん。ヨーロッパのクラブでもキューバンが流行ってたよ。自分は海外でキューバンサルサのレッスンを1年うけたの。あなたもレッスン受けたほうがいいよ」と言われました。

確かに、今は踊れる相手が限られているのは事実。

やっぱり、ちゃんとLAとかキューバンとかスタンダードなのを習ったほうがいいのかな~。

と思ってきました。

今のスタイルを変えたいわけじゃない。南米サルサのほうがおもしろいし楽しいから。でも、LAやキューバンスタイルの人と踊るときは、そっちも踊れるようにしておいたほうがいいかも。。。 

それにせっかく誘ってくれたのにスタイルが違うからといって断ったら、相手に悪いですよね。 (..)

じゃ、やろうかな。

でもいまさらまたレッスンに通うっていうのがおっくうだしレッスン嫌いなので、なかなかうけてません。。。 



おすすめの記事