前のトピック、サルサを踊るのはカウントで踊ればいいのであって歌の内容や歌詞は関係ないのか、という話。

サルサを踊るには歌詞や歌の内容は必要なくてカウントやリズムだけでOK という考えの人は結構多そうな気がします。

それは、サルサのレッスンがほとんどカウントで教えられてるからかしら?

私はいろんな先生のレッスンを見てきたけど、ほとんどの先生がレッスンでは最初に音楽なしでステップを見せて、それから「1、2、3」とカウントでステップを教えてました。

ひととおりのステップなどを教えたら、音楽の断片をかけてさっき教えたステップをやらせます。
その音楽の断片も毎回同じ曲…ということもしばしば。
たぶんスローで踊りやすい曲を選んでいるのだと思います。
一曲まるまるではなくて、その曲のごく一部です。

ベーシックを少しやったら、だんだん複雑になります。
生徒さんはみんな先生の動きに神経が集中…。
歌を聴いてる余裕はきっとないことでしょう。

レッスンではいつも、「1、2、3。 5、6、7で左にターン」という風にカウントで教えますよね。
だからカウントでダンスを踊るようになる。

音楽を聴くよりも、リズムを感じるよりも、カウントで踊る。
だからサルサロマンチカ(ロマンチックなサルサ)も速いサルサでも同じように踊る。
カウントでとってるから。

そうなると、
ラテン音楽をちゃんと聴くよりも、カウントに合わせる、技やテクニックを教えるほうに大きな比重がおかれていると思います。

先生がカウントでサルサ教えてるんだから、「カウントでサルサは踊れるのであって歌詞や歌の内容は知る必要がない」、と生徒が考えるようになっても至極当然なのかもれません。

だからもしかしたら、サルサやラテンダンスを踊る人=ラテン音楽を好きな人 とは必ずしも言えないのかもしれない。

サルサ歴が長くてもラテンの有名曲を知らない人はいるし。

インストラクターが、「この曲はロマンチックサルサなので、ゆっくりロマンチックに踊りましょう」と言ったり、「これはプエルトリコのサルサでEl Gran Comboが歌っている曲なんです」と曲名や歌手を説明したり、曲について一言でも説明してはくれたことは、私が受けたレッスンではなかったですね。
「曲をよく聴きましょう」と言った先生は1人か2人いました。
ラティーノの先生もいましたが。

コメント一覧
  1. Bosque より:

    SECRET: 0
    PASS: c4d59ae597ec6e1af36198f1d124bce5
    10回以上見ているのですが、、、
    飽きないのです!
    猿回しの様に、仕込まれた芸では無いのでしょうね!
    一曲集中して踊るのは、、、仕込まれた芸では無理だと思います。
    単なる真似ではなくて人の動きとは違うフォロウをこなしている!
    犬が楽しそうに踊っている!
    PSPに仕込んで見ています。

  2. dia feliz より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > 犬だって踊れる!

    このワンちゃん、すごいですね。
    今まで犬のダンスビデオって「。。。。。。」というのが多かったけど、これはほんとに踊ってる。
    しかもターンまでしてる。

  3. Bosque より:

    SECRET: 0
    PASS: c4d59ae597ec6e1af36198f1d124bce5
    人まねをして、、、
    犬だって踊れる!
    http://www.youtube.com/watch?v=Nc9xq-TVyHI

  4. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: c4d59ae597ec6e1af36198f1d124bce5
    楽しめれば、、良いそれが遊びです。
    初心者はサルサの曲を聴くだけでも、踊りを見るだけでも楽しめるかもしれません。
    問題は、
    サルサを習い始め、
    半年で半分は消える。1年で3割程度が残るでしょうか?
    一年続いた人も5年経ち10年経ち、、クラブに残っているのは、DJとインストラクターで、顔見知りの大半は消えた。
    なぜ辞めたの?

    遊びって自由だが、、
    ドンナ遊び方でもカマワナイと考えるのは、、相手の要る遊びの考慮が無い。
    脇で見て「面白そう!」「楽しそう!」と思われなかったら、遊びとは違う分野、、たとえば競技とかスポーツと間違えている。

    サルサの遊びから消えた人、、
    それは、遊びを習い事と考えた人でしょうね、、、
    自分で遊びを作り出さず、、新しい事を他人から教わるがサルサと思った人。
    でも、ステップはサルサの面白さのホンの一部で、核心部分じゃない。
    サルサの曲のメロディや、歌詞の中身、そんな情景を踊りの中に引き入れて踊る。
    そんな心と体の動きのコラボレーションが踊りです。
    ステップ自体は、踊りの核心で無い理由です。
    ステップや高級技は、踊りを構成する一部で、5年もやれば、単調で飽きます!
    飽きた人はサルサから消える、、、、
    踊りは、一生掛けて遊べる中身があり、飽きるモノではない。

  5. dia feliz より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    > サルサ始めてみて楽しいと思えたならば、そのうち"この曲がいいなぁ~”ってのも増えてくるはずです。
    > そしたら一体どんな内容なのかしら?と思う
    > そんなこんなして馴染んでいくうちに少しずつよく使われる単語も覚えていくかも!

    soonさん、まさに私がそれです。
    クラブできいた音楽をいいなーと思って、これ何の曲ってまわりにきいたり自分で調べたりして、その歌がどういう歌が知りたくて…。そうしていくうちにスペイン語も自然と分かるようになってきた…みたいな。

    > ’Maaa-mi dame el culito’

    ははは。男には楽しいと思うけど、女の子に歌詞の意味が分かったら…。

    そうですね。いい曲があればインストラクターやDJなどのプロに歌の意味や歌詞を聴くといいかもしれません。

コメントを残す

おすすめの記事