日曜日にプエルトリコの街を散歩していたら、サルサの音が流れてきました。

音のするほうに行ったみたら、たくさんのプエルトリコ人の高齢者たちがサルサを踊っている。。。

公園の散策道のまんなかでです。

生バンドが入っていて、バンドの音楽に合わせて踊ってました。

こんなかんじ。。。

楽しそうでしょう。

私が見たときは高齢者が多かったです。
よろよろ歩いてるようなおばあさんが一人でやってきて、リズムにのって腰を入れてサルサ踊ってました。

プエルトリコ人にきいてみたら、毎週日曜日ここに高齢者が集まってきてサルサ踊ってるそうです。プエルトリコのサルサクラブ(サルサバー)は若い人のLAスタイルに独占されているけど、ここでは高齢者による伝統的なプエルトリコサルサを見れると言ってました。

サルサはストリートダンス、という原型を見ているようです。
さすがサルサの国、プエルトリコ!

私はさすがに踊りの輪の中には入りませんでしたが、みんなすっごいうれしそうにサルサ踊ってて、いいなーと思いました。

日本はクラブの取り締まりがいますごいですが、外でダンス踊ってても警察の取り締まりがくるから、プエルトリコみたいなこときっとできないと思う。。。

プエルトリコのおじいさんおばあさんたち、サルサ歌いながら踊っててとっても楽しそうだった。
まわりで見てる人たちまでハッピーな気持ちになっちゃう。

みんなでお外で楽しく仲良く踊るなんて、平和の象徴だと思うんだけどな~。

ブログ内関連過去記事:
「くるくるサルサは日本だけじゃない」
「プエルトリコ」
「プエルトリコのサルサの踊り方」
「プエルトリカンパレード」
「お外でサルサ@コロンビア」
「こういう感じで踊るのいいね」
「コルマドでダンス」
「ショッピングモールでカリサルサ」



おすすめの記事