サルサイベントに行ったら、スマホやカメラ持ったスタッフたちがイベント中ずっと客をぱちぱち撮影してました。
そのイベントの写真は後日ネットにUPされてました。

このごろいろんなサルサイベントやレッスンなどの写真やビデオをネットで目にします。
特にfacebookなどのSNS。

相手に承諾とってるならいいんだけど。
けど、「撮ってもいいですか」ってことわって写真とるわけじゃなくて、勝手に写真を撮られる場合がほとんど。
レッスン中じゃレッスン途中で逃げるわけにもいかない。

イベントの場合、一つのイベントでたくさんの写真をUPしてるからそのイベントに来てた人はほとんどネットに写真をUPされてる可能性が。
you tubeにでもupされる場合もあります。

前からサルサのイベントとかパフォーマンスなど写真やビデオはネットによくupされてたけど、サルサの先生とその生徒さんの内輪だったり、イベントだったら少し遠くからぼかして撮ったり、顔が分からないように写真をモザイク加工するなど、個人が分からないように配慮してる写真もありました。

でもこのごろは顔がはっきり分かる写真が多いです。
facebookの流行の影響でしょう。

HPやブログは世界中の人が見れます。
スマホで気軽に写真撮ってその場ですぐfacebookにupしちゃう人が多いですよね。
でも、facebookはたとえ公開を友達限定にしていても情報が漏れたり、セキュリティ管理の甘さが世界で問題になってます。

知らないうちにあなたの写真が世界に出回ってるかも。。。
google検索で出てきたり。

そんなおおげさに考えなくても、と思う人もいるかもしれませんが、
ネットにupされた写真が第三者に悪用されたり(写真を出会い系やアダルトサイトに使われるとか)、個人の誹謗中傷につかわれたり、女性の場合はストーカー(殺人)などのインターネット犯罪事件が実際おきています。

しかもサルサはペアダンスだから、異性と踊ってるのが奥さんや会社の人にばれたらマズイ人もいるかも。

facebookなどSNSに自分の写真を勝手に掲載されることに不快感を感じてる人が9割、というニュースもあるんですよね。

UPしてる人たちはなにも悪気があるわけじゃないでしょう。
サルサイベントの写真をUPしてる人はたんに友達に見せたいと楽しみでやってるんだろうし、イベント主催者やインストラクターやスタッフはイベントやレッスンの宣伝のためでしょう。
SNSに写真たくさんUPして宣伝しろと主催者や店から言われてるスタッフたちもいるし。

でもイベントやクラブに行きたいけど写真をネットにUPされるのが嫌で行かない人もいるんですよね。。。。

おすすめの記事