FELIZ AÑO NUEVO

あけましておめでとうございます 
今年もよろしくお願いします!

ラテンアメリカは日本より半日以上遅れて新年を迎えてます。

私がラテンアメリカで正月過ごしたときはいずれも大晦日に友達の一族や友人などがおおぜい集まってホームパーティ。ごはんを食べ、飲みながらカウントダウン迎え、そのあと元旦の午前中まで踊り続けました(家の中でも外でも)。

やっぱ、ラテンの正月といえば ダンス です!

★ペルーのカウントダウンイベント。
首都リマの政庁(大統領府)でのイベント。
ペルーの人気クンビアバンド、Grupo5のライブ。
ステージ上でノリノリで踊ってるのは、なんと(この2011年当時の)大統領のガルシア氏。
ペルーは大統領も国の行事でダンス踊りますよ~。
(ちなみに大統領とペアダンス踊ってる赤いワンピースの女性は大統領の娘)
セクシーに踊れって言われたら大きな体のガルシア大統領がヒップふって踊ったり上着脱ぎかけたり、笑えるビデオなので見てみてください(特に4分め~8分めまで)。
今までガルシア嫌いだったんだけどこれみたら少しイメージ変わりました。

★今度はコロンビア。

コロンビアは地域によって違うのですが、サルサの都市カリの自宅での庶民的なお正月風景にしましょう。

コロンビアのカリ市のカウントダウンと正月のビデオをいくつか紹介します。

まずは、カウントダウン編。
(このビデオ長いんで、2分40秒目くらいからカウントダウンと新年あいさつのところだけでいいです)

家のドアをあけっぱなして道路に椅子出して家の外で飲んでて、カウントダウンがはじまり年が明けたとたん家族と抱き合って「Feliz año nuevo (あけましておめでとう)」と言い、そのあと外に出て近所の人たちともハグして新年のあいさつをする様子。
(コロンビアなんでこのビデオでは新年明けたらいきなりラジオで国歌かかってます)。

                     

カリではこの年明けのあいさつが終わったら、各家が外に向けたスピーカーで大音量で音楽かけて道路で家族や友達や近所混じって踊りだします。

でこれから、家族や近所の人や友達と正月踊る様子のビデオにいきます。
これらのように大晦日からぶっとおしで元旦の午前中まで踊る。

同じくコロンビアのカリです。
大晦日から年明けて、家の前の路上でファミリーで踊ってるビデオ。

このビデオの1分30秒から始まる曲は(~3分め)、コロンビアのサルサの有名な曲、Orquesta Guayacanの「Oiga Mire Vea」、カリを歌ったカリのテーマ曲みたいなんでみんなで合唱してます。
(以前、「カリサルサと普通のカリのサルサの違い」 で書いたように、カリの一般人はこんなかんじの踊り方)
あー、懐かしい。。。

また、このビデオにあるようにラテンでは、おばあちゃんと孫が踊ったり、お父さんがお母さんと踊ったり… ファミリーでよく踊ります。
こういうところが私がラテンの好きなところんだよな~。

                     

で、大晦日からぶっとおしで踊って元旦の午前中に突入編。

家の玄関のポーチのところで、サルサ踊ってます。
近所の人たちはうるさいって怒らないの? って思うでしょうが、横や前を見ると隣近所も踊ってることがわかりますよね~。
(このビデオは場所が特定できないのですが、ビデオの投稿者がコロンビアの人だし、しゃべりかたや踊り方からしてコロンビアだと思う

                     

そのまま元旦の昼まで踊り続ける人たちも。
これもコロンビアのカリですが、もう太陽が高くあがってる。
サルサのHECTOR LAVOEの「EL CANTANTE」で盛り上がってます。

カリの人は打楽器が大好きで、音楽かかって踊り始めると必ずこういうのを鳴らす人がでてくるんですよね。
カリっぽさが分かるおすすめビデオ。

私がコロンビアのカリでお正月を過ごしたときは、上にあるようなビデオよりはもっと人が多くて踊って盛り上がってたけど、これらのビデオでカリの大晦日から正月の雰囲気はわかりますよね。

※注意:
 お正月は特別許可が出るかもしれませんが、一般にカリには規制があります。
中心部や高級住宅街などでは路上で音楽をかけて踊ることはできません。
普通、ストリートでがんがん音楽をかけて踊れるのは、下町の治安が悪いエリアです。
カリは世界の殺人率で11位の都市ですし、日本人がこうした治安の悪いエリアに入るのは危険です。私のブログを見て、カリに行きたくなって旅行して気軽にこういう地域に遊びにいったりしないでね…。
(以前書いた、「コロンビアのカリの治安と注意事項」も参照のこと)

★ところ変わってメキシコは、地方のフィエスタから「メキシコ」のイメージぽいのにしましょう。
ソノラ州といってアメリカとの国境地帯(アメリカのアリゾナ州に接してる)で夏には50℃こえるところ。
musica norteñaという音楽でよく踊るエリア。私もメキシコでは踊りますよ~。白いカウボーイハットみたいな帽子かぶって踊ってる人が見えますが、北部は特に多いみたい。

コロンビアのカリとメキシコの一番大きな違いは、カリは外で酒飲めるけど、メキシコは飲めないことです。
ここで踊ってる場所もたぶんレンタルパーティスペースみたいなところだと思います。
というのも、メキシコは家の中や家の庭やガレージ、パーティ会場の庭やバーやレストランなどは飲めるのですが、建物の敷地の外での飲酒は違法です。家の庭やパーティ会場の庭は飲酒OKだから屋外でも音楽かけて夜通し踊れます。でも、コンビニの前や公園でビール飲んだら警察に捕まる…。
(メキシコの飲酒の法律については以前のトピック 「メキシコでの飲酒」に詳しく書きました)

まあこのように、ラテンの年越しには「ダンス」がつきものなので、日本在住のラテン人達はさみしがってますが。。。

おすすめの記事