ブラジルジーンズが好きで、ブログによく書いてきました。

ヒップいのちのブラジルなので、立体裁断でヒップがかっこよくみえるようにつくられてるそうな。

ブラジルジーンズは、ローライズが主流。
日本で普通にはかれているジーンズよりも、股上が浅いです。
つまりウエストよりずーっと下で、股から15cmくらい上が主流。

この記事の一番下に、ジーンズの写真ばかりが10数個並んでるボックスありますよね。
(このブログの一番下にも似たボックスがあって、中にジーンズもありますよね)
それ全部ブラジルジーンズなんです。
ここにはあまり股上が浅いジーンズはUPしてないのですが、なかにはおへそよりもずいぶん下にジーンズのはき口があるジーンズがありますよね。
それが股上が浅いローライズやスーパーローライズジーンズです。

股上が浅いジーンズは、裾が短いトップスだとお腹がみえちゃったり、かがんだときにパンティやお尻がちょっと見えちゃうこともときどきあります(着る人の体型にもよりますが)。

ブラジルではハイライズのジーンズなんて「ダサくてはけない」そうな。
だから日本でブラジルジーンズ買ってる日本人女性たちにも、ローライズやスーパーローライズが人気あるそうです。

ブラジルジーンズにはもっとすごいのがあります。
ウルトラローライズとか、ナノローライズとか。 股上が9cmですよ

ビキニパンツっていう、パンティとジーンズが一体型になってるやつは、日本の女性誌で紹介されてヒットしたって書いてあったけど。
マジ?  日本でこういうのはいてる人見たことがないんだけど…。

私はブラジルに行ったことがないのでブラジルの流行りはよくわかりません。

私が行ったことがあるのはスペイン語圏のラテンアメリカ。
そういう国でもジーンズは女性の普段着として年齢問わずよくはかれていました。
ラテン女性はジーンズの着こなしがうまくて、ジーンズスタイルだけどセクシー。
ストリートファッションがすごい参考になりました。

私はここ数年はそうしたラテンの国で買ってきたジーンズばかりはいています。
生地がやわらかいし、シルエットも形も私の体に合っていてお気に入りです。

他の国のジーンズに慣れちゃうと、ブラジルジーンズの出番はもうほぼなくなりました(家に大量にあるブラジルジーンズさんもみんなお蔵入り)。

でね、ここからが本題。

私はストリートファッション観察して、特に女の子がはいてるジーンズよくチェックしていました。
← 変態じゃないですよ。
私は女性だし、ラテンファッションが好きなので。

そしたらスペイン語圏のラテンアメリカ人の女の子たちがはいていたジーンズは、ローライズじゃなかったんです。
ウエストよりちょっと下くらいとか、日本でよくあるジーンズくらいの股上とか。
股上が深いから、ヒップが全部つつみこまれる感じです。
ローライズはあっても、スーパーローライズやウルトラローライズはほとんど見ませんでした。

ブラジルのみたいなウルトラローライズはいてたらかなり目立つと思う。

上で写真で見せたようなナノローライズはいたらまわりから奇異の目で見られたり知り合いに怒られるか、商売の女性と思われて「いくら?」って聞かれちゃうでしょう(いくら? ってジーンズの値段じゃないですよ)。

ブラジルがウルトラローライズやナノローライズが今でも流行ってるなら、教えてください。
もしそうなら、ブラジルと他のラテンアメリカの国はファッションの流行りや考え方が違うのかもしれない。

※このブログで過去に書いたブラジルジーンズの記事や、その他のラテンファッションやビューティについてはこれを読んでね

「ラテンのファッションとビューティ」

おすすめの記事