いまラテンアメリカのヒットチャートでこのところトップのほうにある曲。ラテンアメリカで流行ってます。

日本でも大人気のPITBULL(ピットブル)が歌っていて、これまた日本で有名な米POPSシンガー クリスティーナ・アギレラがfeaturingしているという豪華版!

「Feel This Moment」 Pitbull ft. Christina Aguilera

あれ?
この曲どっかできいたことがあるような…  って思いませんでしたか?

そうそう、サビのところが、
80年代の名曲 A-HA(アーハー)の 「Take On Me」    ですよね。

オリジナルの曲は

A-HA 「TAKE ON ME」

です。

A-HAのビデオを見てからPITBULLのビデオを見るとわかると思うけど、A-HAはアニメのラフ画みたいな線画と本物の画像がミックスされた特殊映像を使っていますが、これに似たのがPITBULLのビデオの中にもでてきます。
(ちなみにA-HAのPVで漫画から出てきた男性は、A-HAのボーカル)。
これはA-HAへのオマージュなんでしょう。

さて、PITBULLの曲のビデオの歌詞で 「TOKYO」  と言っていて、ビデオにもPITBULLの日本でのライブのときの写真やビデオがうつっています。
もしかしてPITBULLLの東京でライブに行って(去年のサマーソニックに来たときだよね)、PVに出ちゃった人いるかな? 自分がうつってるかどうか探してみて。
歌詞に 東京の高層ビル街って出てるけど、PVに東京の高層ビル群も何度か出てきています。

クリスティーナ・アギレラって、アメリカ人だけど何系なんだろうって以前から思ってたんです。たぶん名前とルックスからしてラティーナ(ラテンアメリカ人)の血が入ってそうだから。

調べてみたら、お父さんがエクアドル人だそうです。
エクアドルというのは南米の左上にあって、エクアドル(赤道)という名前の通り、赤道が通っていて観光名所になっています。コロンビアの隣で一時はコロンビアの領土の一部でもありました。

そっかー、だからクリスティーナはエキゾチックなルックスなんだ。

PITBULLはキューバ系アメリカ人です。

PITBULLの祖国キューバで流行ってる曲でわかったように。(過去トピックの 「キューバで大ヒットの曲」  を参照)、サルサとソンの国だと言われていたキューバでさえDADDY YANKEEとかのレゲトンとか、K-POPとか、トランスやダンスミュージックが流行ってるし、ラテンアメリカ全体でもダンスミュージックやレゲトンがすごい人気です

ラテンだからマリアッチやサルサなどというベタなラテン音楽だけというわけではないのだ。
ヒットチャートを見てると、だいたいどこの国でもレゲトンとダンスミュージックが上位を占めてます。

なので、今後またラテンアメリカで流行ってる曲を紹介していきますね。

※PITBULL関連のブログ内過去記事
「PItbullのBON BONの歌詞」
「PITBULLのHotel Room Service」
「PItbull ヒットメーカー」
「ジェニファー・ロペスのランバダ」(Dance on the Floor)
「Toma Toma」(Pitbullの「Toma」
「Un dois tres quatro, Pitbull」(「I know you want me」)
「一番好きなレゲトン Culo」(Pitbullの「Culo」)
「ジェニファー・ロペスとPITBULL再び」
「こんなガソリンスタンドあったら行っちゃう~?」(「El Bumper」feat.Pitbull)
「シャキーラがセクシーなのは」(「Rabiosa」Shakira feat.Pitbull)
「プエルトリカンパレード」」(Pitbullも出演)

おすすめの記事